2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 沖縄レポート 1  失敗 | トップページ | 沖縄レポート 3  沖縄の新聞報道 »

2015年3月 7日 (土)

沖縄レポート 2 山城博治さん

Img_2381


 2月22日に米軍に雇われている(給料は僕たちの税金)日本人警備員(銃を携帯している)に、基地内に引きずりこまれて、手錠をかけられ、その後、名護警察署に拘置された山城博治さんは、相変わらず元気そのものだった!

 23日夜に解放され、25日朝、ゲート前で再会した。 キャンプシュワーブゲート前では、朝6時半から、海上保安官と防衛局員を海に出さないよう、監視活動が行われている。8時ごろには基地内から彼らが出てくるので、その車もチェックし、見つけたら「入れない・出さない」「海上作業をやめろ・米軍の手先となるな!」 と抗議活動をしている。

 車をわれわれが取り囲むと、基地内に配備されている機動隊が出てきて、われわれを排除し、車を通す。この繰り返しであるが、自由に基地内に入れないので、一定の効果がある。

 8時15分過ぎから、ゲート前デモが行われる。山城博治さんの掛け声に合わせ、参加者がゲート前を行ったりもどったりのアクションである。いつもやっているので、新聞の写真がないのは残念。

 その休憩し、9時過ぎから集会。昼食休憩を挟んで、午後も座り込み集会が行われ、県内各地からの参加者の発言、本土から来た人の紹介と発言、その合間に、歌。時には楽器演奏。基本的には午後5時には全て終了するが、テントの撤去がいつ行われるか分からないので、一部の人たちはテント村に泊まり込む。

Img_2368


 現在では上の写真のテント内に泊まり込みが行われている。この時は(26日)はまだ未完成で、2月27日はもっと横に大きなテント村ができている。

 僕は友人のアパートが名護にあるので、夜はテントに泊まらなかった。

« 沖縄レポート 1  失敗 | トップページ | 沖縄レポート 3  沖縄の新聞報道 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

反対運動をしている人の共済年金の一部も我々の税金。反対運度による持病の悪化や怪我で医者に掛かればまた税金^^;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄レポート 2 山城博治さん:

« 沖縄レポート 1  失敗 | トップページ | 沖縄レポート 3  沖縄の新聞報道 »