2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 9 | トップページ | 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 11 »

2015年6月14日 (日)

21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 10

5月17日清水から富士吉原まで、32キロ。

Img_3693


Img_3694


 上の写真は、JR清水駅西口にて。ウオーク姿でない人が多いのは、実は前日イベントに特別出演していただいた韓国氷川市のポウン芸術団の人たちもウオークに参加してくれたから。僕はソウル出発からウオーク参加者を数える役割だったが、この日は93名!になった。なお、民団清水支部から記念品のプレゼントがあった。

Img_3692


 在横浜韓国総領事から激励の挨拶もあった。右の女性は、通訳を務めてくれた「ユース21世紀の朝鮮通信使」を主催している牛尾さん。

Img_3697


Img_3698


Img_3696


 興津から薩田峠を経て由比まで歩くコースが、韓国の人々にとり一番の人気。富士山、太平洋、伊豆半島が一望できるから。しかしこの日はあいにく富士山は雲に隠れて見えなかった! 韓国の人々に申し訳ない。

 薩田峠に登る前に、清見寺の山門前で全員集合の記念写真を撮影。この様子をNHK国際放送局が撮影。僕自身が映される側だったので、自分のカメラにその様子を収めることができなかった。

Img_3700


Img_3701


Img_3702


 3枚の写真は、薩田峠にて。うれしいことに、清水区役所の区長や職員、NPO法人「AYUドリーム」の人々が、山頂で僕たちを待っていてくれ、飲み物やお菓子、アイスキャンデーで歓迎の接待をしてくれた! 写真は歓迎式の様子だが、接待の様子の写真を撮り忘れたのは、残念! 険しい坂を上ってきたので、冷たいお茶やアイスは、参加者に喜ばれた。

 この歓迎式で3人の方が挨拶された。興津の自治会長、清水区役所区長。区役所職員。名刺をもらい損ねたので名前を忘れたが、このような方たちが出迎えてくれるのは初めて。今回のウオークの広がりを感じさせられた。これはAYUドリーム理事長の雨宮令子さんの働きかけによるものである。

Img_3703


Img_3704


Img_3705


 若者たちは全てテコンドーの演武をしてくれた韓国の中・高生。

Img_3706


 薩田峠は夏みかん(甘夏)や琵琶の産地でも有名。静岡エコハウスの女性たち(韓国内を少し一緒に歩いた)がこの甘夏をウオーク参加者に差し入れてくれた。

Img_3707


 由比で氷川の人たちと別れ(彼らは午後静岡観光)、富士川を渡り、吉原へ。

Img_3709


 結構長いコースで暑さもあり楽ではなかったが、充実した1日だった。更に、宿に黄福禮さん(前民団県本部婦人部会長)がビールの差し入れをもってきてくださった! 彼女は毎回多額のカンパを友情ウオークの会にしてくださっている。今回は13万円も寄付してくださった。

« 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 9 | トップページ | 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 11 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「韓国の人々に申し訳ない。」???元先生が富士山を隠したの?悪い事するなぁ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 10:

« 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 9 | トップページ | 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 11 »