2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 戦争法案を廃案にするために 2  団結 | トップページ | 安保法制を阻止するために 4  創価学会・公明党への働きかけ »

2015年6月27日 (土)

自民党勉強会での発言は、安倍政権の本音・体質

 25日夕方に開かれた安倍首相応援団の自民党若手・中堅議員主催の勉強会での発言内容が明らかになった。

 ひどい! 恐ろしい! 非公開の場での発言だけに、本音が出ている。冗談でも言えない発言内容だ。

 特に沖縄の新聞への敵意、県民を愚弄する発言は、絶対に許せない! 先ほどフェイスブックで、それらの発言を紹介し、批判したが、ここでは発言内容を紹介せずとも、僕のブログを読んでくれている人にはわかっていると思う。

 僕はこれらの発言内容は、単に作家の百田尚樹氏や会合に集まった自民党議員が共有している意識に留まらず、本質的には、今の安倍政権の底流を流れる意識・本音・体質だととらえる。それだけに、この問題を徹底的に追及すべきだと考えている。

 国会議員でない僕らはどのようにこの問題を追及・批判できるだろうか。ブログやフェイスブック、ツイッターなどに書き込み、多くの人に訴え、共感してもらい、また共感した人が、同様な手段で広げていく。もっとも手軽にしかも迅速にできる(今、こうして書いているのもそのためです)。

 新聞などへの投書、自民党への抗議文、その場にいた自民党議員の事務所に抗議文を送る・電話をかける、選挙区の人なら事務所に直接押しかける方法もある。

 袋井でもすでに2回駅前アクションを実施したが、マイクやチラシで市民に直接訴える方法もある。

 ありとあらゆる手段で、徹底的に自民党を批判することが、安保法制をつぶすことにもつながると確信する。

« 戦争法案を廃案にするために 2  団結 | トップページ | 安保法制を阻止するために 4  創価学会・公明党への働きかけ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本でも共産党とかには議員に言論の自由は無いかも知れんが、それがある自民党で偏った発言があったからと言って、全自民党議員が同じ事を考えているだなんてナンセンス。自分達も居た日教組と同じと思っていませんか?と。日教組山梨支部長だかの教員に政治的中立は無いと言った発言を批判したの?政治的中立は法の命じることなんですけどね。そちらは知らんぷりしてこちらは批判じゃ、片腹が痛くなるだけですな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党勉強会での発言は、安倍政権の本音・体質:

« 戦争法案を廃案にするために 2  団結 | トップページ | 安保法制を阻止するために 4  創価学会・公明党への働きかけ »