2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 4 | トップページ | 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 6 »

2015年6月 5日 (金)

21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 5

5月15日、藤枝から清水まで36キロ。

Img_3573


Img_3577


 藤枝では毎回出発式に副市長が激励の挨拶に来てくれる。また玉虫愛好会の人たちや地元商店街の人たちが見送りに来てくれる。実はこれはこちらから要請したわけでなく、積極的に市と玉虫愛好会の人たちや市民が取り組んでいてくれる。また市の職員が、岡部宿まで一緒に歩いてくれる。

Img_3575


 出発式で挨拶している左側の人は、ヤンさん。彼はヨンチョンで今年10月に行われる文化の月のイベントに多くの人に参加してもらえるよう、熱心に活動されている。英語が得意なので、また僕と考えや気が会い、すっかり仲良くなった。通信使が書いた本(ハングル)を持っており、藤枝に正使・ヨ・ウギルが泊まったお寺があるので、一緒に行こうと、11代目の子孫ヨ・ウンジュンさんと3人で、朝早くそのお寺を探しに出かけた。

 とう雲寺。ヤンさんはメモにその寺の名前を書き、僕たちが泊まっている富岡屋の近くにあるはずだと言う。あった!! しかもすぐ近くに!!! なかなか立派な寺だ。ヨ・ウンジュンさんは、祖先が泊まった寺が見つかって感慨深そうである。

 うっかり写真を撮り忘れたのが残念! 実はウオークが出発してから、ソン・サンギュ会長がこの寺に寄ろうと提案し、皆で立ち寄った。

Img_3578


Img_3579


Img_3580


 岡部宿は旧東海道の風情を残した感じのよい宿である。柏屋で藤枝の皆さんが僕たちを待っていてくれた。下の写真は記念写真。

Img_3581


 柏屋で新茶の接待があったが、皆が楽しみにしている柏餅は出てこなかった! 事前に柏餅の接待があるかもと、宣伝した手前、責任を感じて、皆に食べてもらった。

Img_3583


Img_3584


 岡部宿からまりこまでの道も風情がある。

Img_3586


Img_3587


Img_3588


Img_3589


 まりこの匠の館で昼食をとった後、安倍川越え。ここで、民団静岡県本部のチャンゴに迎えられた。

Img_3590


Img_3591


Img_3592


 弥勒公園では、民団の人たちが僕たちを出迎えてくれた。

Img_3593


 左の方が団長のカンさん。彼はソウルでも僕たちと一緒に歩いてくれたが、この日も清水まで同行してくれた。

Img_3594


 記念写真の後、すいかや飲み物など差し入れの接待を受けた。

Img_3596


 上の写真は清水。静岡から清水までは距離がある。着いたのは午後6時だった。

 宿に、韓国内を一緒に歩いた千台治男が、東京から車で翌日の歓迎パーティのために酒とビールを積んで駆けつけてくれた。感謝!感謝!

« 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 4 | トップページ | 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 6 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 5:

« 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 4 | トップページ | 21世紀の朝鮮通信使友情ウオーク 静岡県内レポート 6 »