2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 自民党勉強会での発言は、安倍政権の本音・体質 | トップページ | 戦争法案を廃案にするために 5 高校生へのアピール »

2015年6月30日 (火)

安保法制を阻止するために 4  創価学会・公明党への働きかけ

 昨日下記の文章を作成した。あらゆる手段を尽くして、戦争法案を廃案にしたい一心から。

 

戦争法案(安保関連法案)を廃案にするため、創価学会・公明党に働きかけよう!!

 

 

 

 創価学会・公明党の原点は、『平和』『憲法擁護』のはずです。ところが、安保関連法案(戦争準備法案)では、自民党と一体となり、国会の会期を9月末まで延長して、数の力で(政権与党のおごり)、憲法違反の法案を強引に可決させようとしています。

 

 先日の自民党勉強会では、マスコミへの威嚇(言論弾圧・報道規制)、沖縄差別・無理解(沖縄敵視=沖縄県民全てを怒りに震わせる発言・姿勢)が、それが単なる出席者の問題だけにとどまらず、安倍政権の本質・体質であることが明らかになりました。

 

 このような自民党を支えるのか? 一体となって憲法違反の法案を可決させようとする公明党も憲法違反の政党ではないのか、またその公明党を支える創価学会も同じ穴のムジナではないのか、平和・憲法擁護を唱えてきたあなたたちは嘘つきですか?、真面目な末端の信者や公明党に投票してきた庶民を裏切ることになりませんか、等々と、批判大キャンペーンをやりましょう!

 

 そのために創価学会と公明党の連絡先を調べました(ほんの一部です。各地域の方は、インターネットで簡単に調べることができます)。利用してください。また、周りの人に同様な呼びかけ(メールの転送)をしてください。このキャンペーンにより、相当な数の抗議や意見・声が創価学会と公明党に寄せられたら、無視できないはずです。来年は参議員選挙があります。彼らは選挙が怖いはずです!

 

 

 

 公明党のホームページを開く。「あなたの声を公明党に ご意見ご要望」の欄にメールで必要事項を書き込む。電話 03-3353-0111 ファックス 03-3353-0457  *メールをしたうえで、電話する方法もあり。

 

 公明党東京本部 160-0012 新宿区南元町17 公明党本部5F 

 

 TEL 03-3353-0151 FAX 03-3353-3281

 

 静岡県本部  422-8077 静岡市駿河区大和1-4-26 千春ビル1F

 

 TEL 054-282-3314 FAX 054-285-7573

 

創価学会

 

 静岡文化会館 静岡市駿河区森下町3-35 TEL 054-280-2800

 

 浜松平和会館 浜松市船越町48-1 TEL 053-468-2510

 

 沼津文化会館 沼津市下香貫浜田2997-1 TEL 055-935-0900

 

 熱海文化会館 熱海市紅葉ヶ丘町19-6 TEL 0557-86-0450

 

 富士桜自然墓地公園 富士宮市上井手2736-25 TEL 0544-54-1851

 

 真面目な学会員や公明党の党員・支持者は、きっと党本部が自民党と組んで強行採決するのは賛成しないであろう。

 「おかしい!」「こんな政党、こんな政党を批判しない・黙って容認する学会もおかしい。」「これまで、聞いてきたこと、教えられてきたこと、と全然違う」「こんなんだったら、もうやめたい」「支持したくない」「お金を出すのもやめよう」と、思う信者・支持者がきっといるはずだ。

 憲法違反を容認する公明党批判キャンペーンが大きくなれば、党本部もぐらつくだろう。公明党の中に、慎重論がでてきたら、自民党の中にもぐらつく議員も出てくるだろう。

 いわば、揺さぶり作戦である。僕の提案に共感される方は、どうか周りの人にこのキャンペーンを広めてほしい。

 僕自身も自分の意見・声の文章を今日作成し、学会・公明党に送るつもりだ。

« 自民党勉強会での発言は、安倍政権の本音・体質 | トップページ | 戦争法案を廃案にするために 5 高校生へのアピール »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

学会員の政治意識は、あまり高くなく仲間意識が優先するのが世の常。
あまり深く考えもせず公明党を支援しているのが現状でしょう。
身近な創価会員に抗議する。最寄りの創価学会支部に抗議の電話することは、大きな圧力となると思います。「真に平和を求める団体ではない」とか「世界平和を求める者として、最低限の意思表示として公明党を擁護する創価学会に抗議します」などと、
米国の軍事行動が武力の抑止にならなかった事実を謙虚に認められない高位の人々に一般大衆は黙ったままで良いはずがない。
”集団自衛権に対する公明党を支援している・・・・”の前置きもなく現情勢では伝わるかも!

努力の甲斐も無く衆院は通過してしまいましたね。参院でどうなっても衆院に戻れば通過、成立してしまいます。危機感は尋常では無いとお察し致しますが、昔の安保もPKOも防衛省昇格も特定秘密もみんな否定して来たにも関わらず、今ではあって当然の状況となっています。先を見る目が無いと言うか、見たがらない性分では冷静な判断は不可能でしょう。その曇った眼でこれからも面白いブログを書き続けて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» ご近所に独自ビラを配布しました [ペガサス・ブログ版]
6月28日現在,元自衛官4名の発言の記事コピーと組み合わせて約95軒に配布. 安倍内閣の「安全保障関連法案」こと戦争法案の阻止を呼びかけた5月27日の記事で「マスによるマスメディア」を呼びかけていましたが,2週間も経ってようやく実践しました.このプリントを,とりあえずご近所10軒に配りました.玄関先に居られた方には「作文を書きました」と言って手渡しました.応援のクリック歓迎 自分で作るのは相当大変なので,この安保法制=戦争法に反対する政党や団体は,ぜひこのような「ご近所配布用」の宣伝物を用意して... [続きを読む]

« 自民党勉強会での発言は、安倍政権の本音・体質 | トップページ | 戦争法案を廃案にするために 5 高校生へのアピール »