2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 安保法制を阻止するために 4  創価学会・公明党への働きかけ | トップページ | 安保関連法案(戦争法案)を廃案にするために 6 »

2015年7月 1日 (水)

戦争法案を廃案にするために 5 高校生へのアピール

 7月13日、袋井駅前での活動のため、下記の文章を作成した。これは原案段階で、事務局の友人がちらしらしく工夫して修正してくれることになっている。

 6月26日、駅前で活動したとき、以外にも高校生がちらしを受け取ってくれた。その前18日に活動したとき、マイクでしゃべっている僕の話をバス待ちの高校生が聞いているようだった。

 そこで、高校生だけに配布するちらしを作ることとなった。学校に持ち込み、あるいは家に帰って親と話す材料になれば、さらには自分の頭と感性で考えてくれるきっかけになればとの思いで作成した。

 

日本の未来を担う高校生の皆さん! 安保関連法案は憲法違反です! 戦争をしない平和な国にするのか、米軍の戦争に協力する国にするのか、それはあなたたちの将来に関係する重大事です!

 

 

 

 今、政府は安全保障関連法案(全部で11もあります)を国会の会期を8月末まで延長して、なんとしてでも通そうとしています。安保関連法案はそもそも何のため、どのようなものでしょうか?

 

 日本国憲法9条は、自衛隊が海外で戦争する=武力行使をすることを禁じています。しかし、政府はそれでは困る、日本を守るためには、集団的自衛権(憲法では認めていません!)を行使して、米軍など外国軍隊の後方支援(武器弾薬・燃料などの提供、機雷の除去、外国軍艦船の防御など)ができるように法律を整備すべきだとの考えです。

 

 しかしその法案は憲法違反であると、ほとんどの憲法学者が指摘しています。これまでの首相も全て、「集団的自衛権は憲法上行使できない」「海外で日本の自衛隊が武力行使することは禁じられている」と、国会で答弁してきました。

 

 しかし安倍晋三首相は、「日本を取り巻く安全保障環境は変わっている。国民を守るために、この法案は必要だ」と、考えを変えていません。遠く日本を離れた地域でも、「同盟国の軍隊が攻撃されれば、支援できるようにすることが日本の安全につながる」、と言い張っています。

 

 皆さんはどう考えますか? この問題は皆さんの未来=将来の重大事です。来年から18歳で投票できるようになります。どの政党、どの立候補者に投票するのか、その選択を迫られます。政治のことは自分たちに関係ないことでなく、高校生の時から関心を持ち、考える必要があります。

 

 そして一番大切なことは、これからの日本が戦争をする国になるのか、平和国家として戦争をしない国であり続けるのか、この選択の影響を一番受けるのが貴方たちです。日本の将来と共に生きる(同時代を生きる)貴方たちの未来が、今の国会で決まることになります。

 

 学校で友達と、先生と、この問題を話し合ってください。家庭で、親や兄弟と話し合ってください。新聞を読んでください。安保関連法案についてのテレビのニュースや番組を見てください。

 

 まず、自分で考えることから始まります。

 

 

 

*日本国憲法第二章 戦争の放棄

 

  【戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認】

 

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 

② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

 

 

 

 

  袋井憲法9条の会 代表 竹野昇 

*今日午後1時の飛行機で、沖縄北部訓練場に新たに作ろうとしているオスプレイ用ヘリパッド建設反対運動に参加するため、沖縄に行く。状況を見て、辺野古カヌー隊にも加わりたいと思っている。そのための靴も買い込んだ。ウエットスースは高かったので、買わなかったが。。。。。。

 今回はパソコンを持っていくので、沖縄の状況をフェイスブックとブログで発信したいと思っている。13日、一般向けに配布するちらし原案作成も、沖縄でやるほかない。実は、創価学会・公明党に送る文章もまだできていない。やるべきことが多すぎ、僕の文書作成能力が追い付かない。

 

« 安保法制を阻止するために 4  創価学会・公明党への働きかけ | トップページ | 安保関連法案(戦争法案)を廃案にするために 6 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お為ごかしってこのことだね。間違った情報を与えておいて自分で考えろだってさ。それじゃ間違った結論になっちゃうぜ。それが目的なんだろうけどね。
なんで法律の是非や憲法に書かれていることの意味を判断する最高裁の判例を書かないの?それこそが全てなのにさ。憲法学者なんか屁の役にも立たないよ。学説は幾つもあるんだし、たまたま自分の意見に合う人間が揃ったからって、それで法律を決めろって憲法に書いてあるの?
自衛隊だってあっちゃいけない派であるあんた方の本心も書いて上げないとね。そんな連中の言う事を高校生は信用してくれないと分かってるから?武力を持って守る意思を示したから海賊も手を出さなかったんじゃないの?同じ事を中国やらに示すためのものだよ。日本に出来ない事があればそこを攻めるのが常道。隙を見せちゃいけないってこと。銀行に「警察官立ち寄り」の表示がある事や、着色用のカラーボールがあることと一緒。ヤクザだって法の抜け穴を探すだろ?
なにそんなに中国を利することしかしないのかね?まだ日教組は日本の共産主義化を目指してるの?

「憲法では認めていません!」なに勝手なこと言ってるの?最高裁で認めてるのにさ。元の字義通りの解釈だなんて70年近く前の朝鮮戦争で終わってるのよ。憲法を押し付けたマッカーサーが自衛隊の元を作らせたんだもん。その時点で解釈改憲されてるの。ったくいい加減な主張をするもんですな。先生だった頃も生徒に嘘を教えてたの?だから日教組はいらないって言われちゃうのよ。実際いらないけど、困った連中だね、全く。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/61820474

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争法案を廃案にするために 5 高校生へのアピール:

« 安保法制を阻止するために 4  創価学会・公明党への働きかけ | トップページ | 安保関連法案(戦争法案)を廃案にするために 6 »