2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 安保法制を廃案にするために 袋井駅前行動のちらし原案 | トップページ | 安保法制(戦争法案)廃案・安倍政治を許さない全国一斉100万人行動 »

2015年8月16日 (日)

戦後70年の夏に思う 僕の決意

 昨日15日、日本全国で戦後70年の色々なイベントが行われた。僕も2つのイベントに参加し、決意を新たにした。

Img_4144


Img_4143


Img_4145


 袋井市戦没者戦災死者追悼・平和祈願式に参加した。この種の式にはこれまで一度も参加したことがなかったが、広島に派遣された中学生の感想を聞きたかったのと、12日駅前行動で配布したチラシ「戦後70年の夏 平和を守るにはどうしたら良いか共に考えましょう!」が50枚程度残っていたのでその配布も兼ねて参加した。

 喪服を着た遺族の方や市議会議員、自治会役員、中学生とその保護者など、皆さんちらしを受け取ってくれた。会場メロープラザの入り口で配布したが、主催者の市側からクレームもなく、全て配布し終えた。

 原田市長は式辞の中で、安保法制について少し触れていた。「憲法の平和主義の理念がゆらいでいると、国民の中に懸念する人々もいる。国会では慎重に審議されることを望む」と。

 このような式辞のなかで安保法制に懸念を表明した原田市長を大いに評価したい。

 広島平和式典に参加した中学生は24名。今年初めて市が派遣した。代表男女2名の感想は、中学生らしく新鮮だった。

 来年度も是非、中学生広島派遣事業を継続し、若者たちの出席及び意見発表を続けてもらいたい。

 核兵器廃絶平和都市宣言を参加者一同唱和したのも評価できる。

Img_4147


Img_4146


 午後は浜松市で半田茂さんの講演会があり参加した。主催は「浜松・憲法9条の会」。会場の浜松地域情報センターホールは満員。200名ぐらい参加。

 半田さんは袋井でも講演してもらったが、とても歯切れがよい。講演内容を紹介する余裕がないが、改めて安保法制の危険性を認識させられた。

Img_4148


 自衛隊の活動を紹介する映像は講演の最後に流された。安保法制が制定されていなくても、現場では実質的に集団的自衛権行使につながる活動がどんどん進められている。

 沖縄でのヘリ着艦事故で、自衛隊の特殊部隊が米軍と共同訓練を実施していたことが暴露されたが、半田茂さんには次回、日米軍事同盟の実態・変貌する自衛隊をテーマに映像を流しながら講演してほしいと願う。

 2つの集会に参加し、またテレビの特別番組を見て、改めて以下の決意を新たにした。

『 戦争の悲劇・過ちを繰り返さないため自分にできることは、安保法制を廃案にする運動に主体的に参加すること。世論を高める活動を粘り強くしたたかにやること。沖縄の新基地建設を阻止する闘いに参加すること。本土でもその世論を高める努力をすること。 』

 傍観者でなく、歴史を作る一人でありたいと願う。

« 安保法制を廃案にするために 袋井駅前行動のちらし原案 | トップページ | 安保法制(戦争法案)廃案・安倍政治を許さない全国一斉100万人行動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦後70年の夏に思う 僕の決意:

« 安保法制を廃案にするために 袋井駅前行動のちらし原案 | トップページ | 安保法制(戦争法案)廃案・安倍政治を許さない全国一斉100万人行動 »