2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ブログ「僕の平和への思い」 | トップページ | 川内原発再稼働の後に浜岡再稼働は絶対阻止する 静岡での取組 »

2015年8月10日 (月)

安保法制案を廃案にすることが平和を作る

 「僕の平和への思い」というブログを始めて7年目となる。平和への思いは人一倍あるが、今ほど危機感がつのるときはない。

 これは日本中の平和を愛する人々に共通すると思う。ひとたび安保法制が成立すれば、それを廃止させることは容易でない。国会の論議でも明らかになってきたが、時の内閣・首相の判断で(現場の自衛隊の判断もありうる)、何でもありになる! 核兵器やミサイル、クラスター爆弾まで後方支援で運ぶことも、法律は禁じていないとの答弁はその恐れを証明している。

 だからこそ憲法違反の法案を廃案にするほかない。8月30日東京で10万人集会が呼び掛けられている。もちろん参加するが、地域での活動を積み重ねての参加が大切だと思う。

 12日、袋井憲法9条の会として、5回目の駅前行動を行うが、そのためのちらし原案を作成した。

 

戦後70年の夏、平和を守るにはどうした良いか共に考えましょう!

 

 

 

 70年前の8月、広島・長崎に原爆が落とされ、さらにソ連が対日参戦し、万事休すの形で日本は敗戦を迎えました。政府は安保法制を成立させることが日本の平和と安全に必要だと主張していますが、「果たして軍事力で、自衛隊が海外で戦争ができるようにすることで、平和が守れるのか?」、共に考えたいと思います。

 

 

 

『全ての戦争は自衛のため、国民の平和と安全を守るため、という名目で行われる』

 

 侵略戦争をやるから協力しろという国・政府・政治家は、世界中どこにもありません。日本もかつての戦争は自衛のため、国民の生命と財産をまもるためと主張しました。

 

 外国の軍隊が自国に攻めてくる(侵略される)状況なら、それは説得力があります。しかしかつての戦争は日本軍が外国に攻め込んで引き起こされた戦争(侵略戦争)でした。

 

 今日米軍がやっている戦争もアメリカ本国ではなく、遠く離れた外国で行われています。

 

 

 

『自国を離れた海外で行う戦争は、自衛のための戦争ではない! 罪のない外国の市民さらには自国民も殺し・傷つけ、決して平和につながらない!』

 

 戦後アメリカが行ってきた戦争(ベトナム戦争、イラク・アフガニスタン戦争)は、大義名分もない無法な戦争です。罪の無い多くの外国市民を殺傷し、戦争に動員されたアメリカ兵士も死亡・負傷さらには心に傷を負う悲惨な戦争です。

 

 今も中東で対テロ戦争と称して戦争を続けていますが、果たして武力行使で平和がもたらされたでしょうか? 結果は全く逆です。

 

 

 

『安保法制は米軍を守り・支援すれど、日本の平和につながらない』

 

 安倍首相は、切れ目なく米軍を支援できるようにする、自衛隊の役割(軍事的)を拡大することが抑止力になる、それが積極的平和主義であると言っていますが、戦争=軍事力では紛争の解決=平和につながらないことは、歴史が証明しています。

 

 

 

『話し合い=外交、隣国や世界の国々との友好関係が平和を守る』

 

 中国や韓国との間には、領土問題や歴史認識問題など解決すべき課題がありますが、それらは話し合い=外交交渉で解決すべきです。世界は紛争が絶えないのも事実ですが、日本は軍事力以外の分野で貢献できる得意の分野をたくさん持っています。武器を持たない人間による積極的平和主義で、世界の平和と安定に貢献することが、日本の安全・平和につながると考えます。

 

 

 * 今日でアクセスが30万640回となった。多くの方に読んでもらえる内容のブログを続けたいと思っています。そしてそれ以上に大切なのは、平和を実現する(守る)行動だと考えています。

« ブログ「僕の平和への思い」 | トップページ | 川内原発再稼働の後に浜岡再稼働は絶対阻止する 静岡での取組 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

果たして軍事力無しで、自衛隊無しで、平和が守れるのか?
「全ての戦争は自衛のため、国民の平和と安全を守るため、という名目で行われる」大嘘だね。中国がベトナムに仕掛けた戦争は懲罰のためだったよ。都合の悪い事は忘れたの?
「外国の軍隊が自国に攻めてくる(侵略される)状況なら、それは説得力があります」ふ~ん、守れるように法整備をするまで侵略を待ってくれるの?そんな有り難い国が何処にあるの?
「しかしかつての戦争は日本軍が外国に攻め込んで引き起こされた戦争(侵略戦争)でした」歴史に無知だねぇ。当時の日本軍は条約で認められて駐留していたのよ。その日本軍や満州国や在留邦人を攻撃されたからの応戦。中国みたいにわざわざチベットやウイグルやベトナムへ行ったのと訳が違うの。お判り?
「自国を離れた海外で行う戦争は、自衛のための戦争ではない」あらま!じゃあ国内でやるの?日本人がいっぱい死んじゃうよ?袋井なら良いけどさ。
「武力行使で平和がもたらされたでしょうか? 結果は全く逆です。」なら武力行使しなかったら平和なの?9.11みたいな事がそこら中であっても平和なの?南ベトナムが共産化されて平和だったの?沢山の人が小舟で海外に逃げようとしたよね?南ベトナムがさっさと共産化されていたら、インドシナ半島も東南アジアも共産化されて、カンボジアや赤の広場みたいな虐殺が起こったんじゃないの?それが平和なの?具合が悪い事を無視しているだけじゃないの?
「戦争=軍事力では紛争の解決=平和につながらない」またバカだ。抑止力は戦争をさせないためのもの。戦争にならない事が一番なんだろ?
「中国や韓国との間には、領土問題や歴史認識問題など解決すべき課題がありますが、それらは話し合い=外交交渉で解決すべきです」力づくでも解決すると言っているのは中国だんべ?ロシアはしちゃったしね。綺麗事では済まないのがこの世界だよ。
「武器を持たない人間による積極的平和主義で」PKOや停戦監視に丸腰で行くのかい?そりゃ行かされる本人が気の毒だべ?元先生が行ってくれる?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制案を廃案にすることが平和を作る:

« ブログ「僕の平和への思い」 | トップページ | 川内原発再稼働の後に浜岡再稼働は絶対阻止する 静岡での取組 »