2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 福島訪問レポート 浪江町 | トップページ | 戦争法案廃案!安倍政権退陣! 8.30国会包囲10万人行動参加レポート »

2015年8月30日 (日)

福島レポート  浪江町の現状 請戸地区 浪江町役場 浪江駅 希望の牧場

Img_4228


Img_4229


 27日、警戒区域である浪江町に入った。今も立ち入りには許可証が必要である。上のマイクロバスは浪江駅前に放置されて5年目となる。

Img_4226


Img_4227


Img_4230


Img_4231


 Img_4234


 原発事故がなければ、人々は自分の家・店・事業所に戻り、生活を再建できる。しかし放射能に汚染され、今も浪江町は3.11当時のまま。

 田端さんの知り合いで静岡県富士市に避難されている堀川さん宅を訪れた。

Img_4232


Img_4233


 地震で散乱し、原発事故で緊急避難した当時のままの室内にあぜんとさせられる。

Img_4248


 上は請戸小学校。以下内部写真。

Img_4242


 我々は浪江町教育委員会の許可をもらって入った。

Img_4243


Img_4244


Img_4246


 体育館の床が腐り、陥没している。中に入って床が抜け事故があれば、浪江町の責任を問われる恐れがあり、また黒板に落書きも増えてきたので、町当局は今後立ち入りができない様措置をとることを検討している。

 今は立ち入らないことを求める掲示だけで、見学者の自己責任で中に入れる。請戸地区は地震・津波・原発の複合災害を受けた象徴的地区だけに、多くの見学者が訪れる。

 町でも災害遺構として保存するかどうか検討している。当時の子ども達は先生方の適切な指導で全員無事に避難している。最近「請戸小学校ものがたり」の紙芝居や絵本もできている。

Img_4245


 音楽教室のピアノ。2階は水に浸かっていないから、調律すればまだ使えるだろう。広島の被ばくピアノのように、心ある人が調律してコンサートで使えるようにしてほしい。

Img_4247


Img_4250


Img_4251


Img_4253


 請戸地区は助かる命が助からなかった地区でもある。原発事故のため、3月12日、救助が打ち切られ全員緊急避難命令がでたからだ。まだ家に取り残された人々もいたが、助けることができなかったことを、町の人々は今も悔いている。

Img_4240


Img_4241


Img_4249


 白い車は僕たちの車。雨のため写真がぼやけているが、このあたりの家屋586戸が流され、死者182名、今も行方不明は32名である。

Img_4239


 上の建物は浪江町役場。町では復興の拠点と位置づけ、職員を置いている。

Img_4236


Img_4237


Img_4238


 町並みの写真は役場内に掲示されていたものだが、被災以前のもの。請戸漁港から田んぼまでの人家は今はない!

 この後、希望の牧場の現状と吉澤さんを紹介するつもりだったが、長くなったので次回としたい。

今日は30日。安保法案廃案・安倍政権退陣・全国一斉100万人行動が取り組まれる。僕はこれから東京の国会包囲10万人集会に参加する。

« 福島訪問レポート 浪江町 | トップページ | 戦争法案廃案!安倍政権退陣! 8.30国会包囲10万人行動参加レポート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

バカバカしいなぁ。年間被曝が100mmSvにもならないのに自分達が大騒ぎをして、カンが決めた低~い基準で避難させ続けたからの現状じゃん。マッチを擦ったのが誰だったか考えて喋ろうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 福島訪問レポート 浪江町 | トップページ | 戦争法案廃案!安倍政権退陣! 8.30国会包囲10万人行動参加レポート »