2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 福島訪問レポート 希望の牧場 | トップページ | 孫娘 »

2015年9月 5日 (土)

安保関連法案を廃案にするために 2つのちらし原稿

 袋井憲法9条の会として、毎週駅前で戦争法案廃案のアピール活動を行っている。下記の最初の文章は9月3日用に作成したちらし原稿。 その下は来週用のもの。実際に配布するちらしは、事務局が写真やイラストをつけ、字や文章の大きさ・配置などを工夫し、文章も多少修正して作成してくれている。僕はそうした技術がないので、全て事務局長に任せている。事務局長のおかげで、ちらしは読みやすいものになっている。

 

戦争法案廃案・安倍退陣・国会包囲に12万人参加

 

 

 

 新聞テレビでも報道されましたが、8月30日午後2時から始まった戦争法案廃案・安倍退陣を求める国会包囲集会に、高校生・大学生・青年・若いお母さんを含む12万人が全国から集まりました。袋井からも参加しました。

 

ほとんどが個人参加です。日本が戦争に参加できるようにするこの法案は絶対認めるわけにはいかないとの思いが、人々を自発的に行動に駆り立てたのです。

 

 

 

民主政治は、議会に全て任せるのでなく、民意を反映しない政治に、NO!の声をあげる=集会・デモで意思表示をすることも、政治参加です

 

 

 

 選挙で1票を投じることだけが政治参加ではありません。「おかしい。これは間違っている。認められない」と思いながら、国会まで行くのは大変だし、どうしたら良いのか戸惑っている方も多いと思います。

 

身近なところで安保法案反対の集会やデモがあれば、参加しやすいです。30日、袋井市でも午後3時から駅北口で戦争法案廃案の行動があり、33人が意思表示をしました。掛川市や森町でも集会が行われました。

 

 

 

9月13日、戦争法案廃案・袋井総がかり行動を行います

 

 

 

 実行委員会方式で誰でも参加できる集会を、13日午後1時半から袋井駅北口広場で行います。約30分リレートーク、その後市内デモをやります。黙っていられないとお思いの方、一緒に参加しませんか。

 

 

 

今月前半が国会の山場、世論の力で強行採決を阻止しましょう

 

 

 

 東京だけでなく全国各地で憲法違反の安保法案廃案の声をあげ、世論を高め、自民・公明政府与党が強行採決できない状況を作り上げましょう。未来の世代に、あの時何をしていたの?と問われ、胸を張って自分も反対運動に参加したんだよと答えられるようにしましょう。

 

 

 

                 袋井憲法9条の会

 

 

 

  

山口繁最高裁長官「集団的自衛権行使は違憲」と表明

 

 

 

 安全保障関連法案について、山口繁・元最高裁長官が9月1日、朝日新聞の取材に応じ、「集団的自衛権の行使を認める立法は違憲だと言わざるを得ない」、「集団的自衛権の行使は憲法9条の下では許されないとする政府見解の下で、予算編成や立法がなされ、国民の大多数がそれを支持してきた」、「従来の解釈が憲法9条の規範として骨肉化しており、それを変えるのなら、憲法改正し国民にアピールするのが正攻法だ」と述べられています。

 

 安倍首相が砂川事件最高裁判決を法案の合憲性の根拠としていることに対しては、「当時の最高裁が集団的自衛権を意識していたとは到底考えられない」と否定的な見解を示されています。

 

 さらに安倍内閣を、「法治主義とは何か、立憲主義とは何かをわきまえていない。憲法9条の抑制機能をどう考えているのか」と厳しく批判されています。

 

 

 

憲法に基づいて政治を行うのが立憲主義・民主主義・法治主義。安倍政権はその基本を破壊しようとしている!

 

 

 

 ほとんどの憲法学者、内閣法制局元長官・元最高裁判事、日本弁護士会といった法律の専門家が、安保関連法案を「違憲」、「立憲主義の破壊を許すことができない」「法案を可決させることは国の基本を壊すこと」と表明され、法案を廃案にすべきだと主張されています。

 

 

 

自民・公明政府与党議員は専門家の意見を尊重せよ!

 

 

 

 国会で審議されればされるほど、法案の矛盾がボロボロ出てきて、安倍首相や中谷防衛大臣の答弁も2転・3転。にもかかわらず、政府与党は9月中旬に参議院で強行採決して違憲法案を成立させようとしています。憲法99条は、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。」と定めています。

 

 自民公明の国会議員は、憲法の規定に従い、違憲法案を強行採決すべきではありません。専門家・国民の声・意見に耳を傾けるべきです。

 

 

 

世論の力で憲法9条を守り、戦争法案を廃案にさせましょう!

 

 

 

 袋井市でも13日午後1時半、袋井駅北口広場で戦争法案廃案を求める集会を開きます。その後市内をデモ行進します。袋井憲法9条の会だけでなく、市内の多くの団体や個人が総がかり行動として取り組みます。

 

 1時半から約30分、リレートーク形式で参加者が色々な思いを語ります。聞きに来てください。よかったら行進に加わってください。           袋井憲法9条の会 

 

 

 

« 福島訪問レポート 希望の牧場 | トップページ | 孫娘 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

袋井総かかり行動ですかー!いいですねー!
新聞でもテレビでも毎日やってますし、
きっとすごい人数集まるでしょう!
袋井は8万人以上いますし。
集会やデモの際は警察への届けは必須ですよ。
子供からお年寄りまで参加するから安全面の確保には気をつけてください。
私も、貴方のおっしゃる世論の力を拝見しに参ります。 

ありゃー、最高裁の長官が憲法解釈したら従わなきゃならないって憲法に書いてあるの?今やただの爺様が思想信条の自由で好きな事を言ってるだけだろ?憲法学者なんて最高裁判決も無視して自衛隊も違憲て言ってる連中だろ?そんな連中の言う事を聞いてたら中国になっちまうわ。クワバラクワバラ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保関連法案を廃案にするために 2つのちらし原稿:

« 福島訪問レポート 希望の牧場 | トップページ | 孫娘 »