2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 戦争法案を廃案にするために 袋井市での総がかり行動報告 | トップページ | 安保法案強行採決は、歴史の転換点 その現場に立つ 1 »

2015年9月16日 (水)

原発・安保法案廃案・辺野古埋め立て阻止

昨日(15日)は忙しい1日だった。早朝は、憲法9条の会として17日駅前で配布するちらしの原文作成。

 午前は静岡地裁で行われた浜岡裁判に原告として出席。お昼は弁護士と原告団との昼食会。

 その後東京へ向かい、国会前行動に参加。戻ったのは深夜だった。

ちらし原案は下記。

 

安保法案強行採決は民主主義の破壊

 

 

 

 世論 法案反対54%、議論尽くされていない75%

 

   今の国会で成立させる必要がない68% (朝日新聞調査)

 

 

 

 安保関連法案(全部で11もの自衛隊の海外での武力行使を可能にする戦争法案)は、全く国民の理解が得られていません。国会の審議でも安倍首相や中谷防衛大臣の答弁はあやふや、二転三転。

 

 14日の参議院特別委員会でも、安倍首相はこれまで集団的自衛権を行使する唯一の具体例としてホルムズ海峡での機雷除去をあげていましたが、「現在の国際情勢に照らせば、現実問題として発生を具体的に想定していない」と答弁。

 

 疑問だらけ、審議が尽くされず、安倍首相自ら「国民の理解は得られていない」と認める(14日の国会)法案の強行採決は、与党自民・公明による民主主義の破壊です。

 

 

 

集団的自衛権行使は憲法が認めていない、法案は違憲が明確

 

 

 

 政府が集団的自衛権行使の論拠にしてきた最高裁砂川判決は、米軍の駐留を認めたにすぎず、裁判に関わった入江元最高裁判事のメモでは、『 「自衛のための措置をとりうる」とまではいうが、「自衛のために必要な武力か、自衛施設をもってよい」とまでは言わない 』とコメントされていることが最近明らかになっています。集団的自衛権は全く想定していません。

 

 ほとんどの憲法学者・弁護士、元法制局長官や最高裁長官経験者ですら、安保法案は憲法に違反すると指摘しています。

 

 

 

国民の生命や安全を守るのに、安保法案は百害あって一利なし

 

 

 

 海外で活躍するNGO関係者は、日本が米軍と共に武力行使をするようになれば、自分たちが敵とみなされ危険にさらされると、こぞって法案に反対しています。

 

 これまで「戦争をしない平和な日本人」と評価されていたことで助けられてきた、「平和ブランド」の価値を壊さないでと訴えています。

 

 多くの人が海外旅行をする時代になりましたが、自衛隊が武力行使をすればその相手側の人たちの敵意・憎しみは、日本人全体に向けられ、海外で日本人がテロにあう確率が高まります。日本国内で無差別テロが起きるかもしれません。

 

 

 

13日袋井でも戦争法案廃案を求めて集会・デモ行進をしました!

 

 13日午後1時半袋井駅北口広場で行われた集会には、約70名の市民が参加。その後「強行採決絶対反対」「法案廃案」を訴えてデモ行進をしました。

 

             袋井憲法9条の会

 

Img_4360


Img_4361


Img_4362


  写真は裁判終了後、弁護士会館での報告会と昼食会。 浜岡裁判の最大の争点が、地震・津波に浜岡原発が耐えられるのか、震源域の真上にある原発を永久停止することが県民ひいては首都圏の住民の命と暮らし・経済を守る、このことをどう考えるのか、になりそうだ。

Img_4363


 国会前に着いたのは午後3時15分ぐらい。民主党の阿部知子衆議院議員がスピーチを行っていた。

Img_4364


 辺野古総合大学を参考にした、学者を講師に招いての「国会前憲法学習会」も行われていた。

Img_4366


 ママの会のスピーチ。

Img_4367


 社民党党首・吉田さんのスピーチ。彼はスピーチが上手ではない。この後スピーチした共産党の女性議員(失礼ながら名前をメモし忘れた)のほうが滑らかだった。

Img_4368


  9条の会事務局の中心メンバーで、総がかり行動を実質的に取りまとめている高田健さんが、厳しい状況とここ数日の具体的行動を説明。

 翁長知事埋め立て承認取り消し着手を受けての緊急行動があると聞き、首相官邸前に向かった。一坪反戦地主会の主催。

Img_4371


Img_4372


Img_4375


 糸数慶子参議院議員のスピーチは歯切れがよいのだが、写真はピンボケになってしまった。

Img_4370


 辺野古で記録映像を撮り続けている映画「圧殺の海」の監督・影山あさ子さんに、日が落ちる前に写真を撮ってもらった。

Img_4381


Img_4378


Img_4380


 7時半ごろ国会前に戻り、14日車道を埋め尽くした光景を期待したが、集まっていたのは数千人ぐらいだったと思う。それでもすごい熱気。シールズの若者のコールに呼応して、参加者の「戦争法案廃案!」「強行採決するな!」の声が、国会前に響いた。

« 戦争法案を廃案にするために 袋井市での総がかり行動報告 | トップページ | 安保法案強行採決は、歴史の転換点 その現場に立つ 1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「法案の強行採決は民主主義の破壊」民主党さんざっぱらやっていましたけど、批判した?しなけりゃ2枚舌ですなぁ。中共の言っている事と一緒。信用出来ません。
武器を持っている相手から守ってくれるのは、武器を持っている味方だとピースボートで経験したでしょ?相手より劣った武器じゃ守り切れないよね?相手より優れた武器を持つ味方が必要でしょ?お判り?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発・安保法案廃案・辺野古埋め立て阻止:

« 戦争法案を廃案にするために 袋井市での総がかり行動報告 | トップページ | 安保法案強行採決は、歴史の転換点 その現場に立つ 1 »