2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その1 | トップページ | 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その3 »

2015年10月27日 (火)

沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その2

 高江の工事は地元の皆さんや全国から座り込みに参加する人たちのおかげで、完全にストップしている。

 N1地区にあらたに2つオスプレイ対応のヘリパッドを作る計画は何も進んでいない。住民の会のテントや車を排除するために、県道の路側帯を米軍提供区域にしたいとの防衛局の策も動きはストップしている。

 ただ米軍の動きは頻繁にある。基地の中で何をしているのか良く分からないが、米兵や軍属がN4地区に煩雑に来ている。装甲車やトラックなどの軍用車両もメインゲートを出たり入ったりしている。オスプレイや他の機種のヘリコプターの訓練も日常的に行われている。

Img_4515


Img_4517


Img_4518


Img_4520


Img_4519


 20日、N4地区で米軍の監視活動をした。下の写真のゲート奥に、残念ながらすでに作られたヘリパッドが2つある。

Img_4510

Img_4514


 午後1時ごろ、訓練を終えた米兵たちが出てきた。全部で16名。

Img_4516


 銃はもっていない。どのような訓練をしていたのかは全く不明である。彼らは全員メインゲート方向に戻っていった。北部訓練場内の宿泊施設に寝泊りしているのだろう。

 ある人から、N4内の様子が分かる写真を提供してもらった。その人の説明によると、

Img_4521


Img_4528

        野営用テント

Img_4523


    ヘリパッド

Img_4524


    オスプレイの廃棄熱で焦げた芝生

Img_4525


    2つめのヘリパッド

Img_4527


   ヘリパッドの周辺の排水用溝

Img_4513
 上の写真はゲート前。

Img_4512


Img_4529

 上2つは米軍(防衛局)が立てた看板。

 今回は3日間しか高江にいることができなかった。21,22,23日は辺野古。次回は辺野古の様子をレポートしたい。

« 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その1 | トップページ | 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その3 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

しっかり訓練して精鋭でいることは結構毛だらけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その2:

« 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その1 | トップページ | 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その3 »