2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« | トップページ | 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その2 »

2015年10月24日 (土)

沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その1

 10月18日から23日まで、高江・辺野古の座り込みに参加した。高江に着いたのは18日の夜10時ごろ。N1テント前の泊まり込み監視活動に参加した。

 この日は僕を含めて3名。11時過ぎまでテント内でおしゃべりをして、車の中で寝た。疲れていたので、すぐ寝入ったが、朝3時ごろ目が覚めた。外に出ると、満天の星。星が大きく、星空がすごく近くに感じられる。

 19日の朝8時からミーティング。11名参加。顔見知りの人たちが多い。常連の人たちのおかげで、監視活動が継続できていることに、頭が下がる。感謝、感謝。

 一人どこかで見かけた若い女性がいる。話しかけると、3年前に乗船したピースボートで一緒だった! 高江に来るのは3回目とのこと。うれしい出会いだ。

Img_4504
 

 屋久島から4名の方が訪問。一人はアメリカ人。もう1人は日系ブラジル人。自然を大切にしたいと考えておられる方たちだった。

Img_4505


Img_4506


Img_4507

 伊江島からわびあいの里・反戦平和資料館館長の謝花悦子さんが大学生の若者一人を伴って、来てくれた。2年ぶりの再会。最近の伊江島の様子を約1時間話してもらった。

Img_4508

 彼女の話で気になったのは、安倍政権の教育政策の締め付けで、平和学習として反戦平和資料館を訪れる学校がめっきり少なくなったとの報告だ。修学旅行が体験学習となり、教師の関心が平和学習に向いていないとのこと。下見に来る教師がほとんどいないという話にショックを受けた。

 防衛局や工事業者の動きは全くなし! 東京や福岡からの来訪者があり、にぎやかな1日だった。

« | トップページ | 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「やんばるを飛んでいいのは鳥と虫と、自由だけ」そんじゃ那覇空港も閉鎖だね。拡張に何で反対しないのかな?自衛隊もいるのにさ。米軍を追い出してからかしら?
左翼の平和学習って日本が何もしなければ世界は平和って話しでしょ?でも日本が何もしなくてもそこら中で戦争があるよね。中国だけ見ても小競り合い程度だとソ連、インド、フィリピンとやってたし、ベトナムとは大きくやってコテンパンにやられたし、チベットやウイグルとは一方的にやって植民地だよね。これから分かる事は、日本がどうあろうと中国は戦争をするって事さ。お分かり?力を付けて核心的利益だなんて主張で勝手な事をし始めた中国をどうしたら押さえられるか、押さえずに放っておいたらどうなるか考えた事無いでしょ?今、中国がしている事がOKなら、戦前の日本のしたこともOK。批判されるこっちゃないね。お分かり?
元先生達が言う通り米国が悪の権化なら、この通り中国も悪の権化。そんな2ヶ国と戦争した日本は平和の使者とも言えるぞ^^ 実際、そのお陰で植民地が無くなったんだからね。
国際平和に軍隊がいらないなら、国内平和に警察はいらないはずだろ?それで平和になるならなんで警察廃止と言わないの?憲法に無いから?何で無いんだ?それじゃ国内平和が保てないからに決まってるじゃん。憲法で泥棒や加害を禁止してもいなくならないもんね。じゃあ何で憲法に軍隊は要らないって書いてあるんだ?占領下で、日本の安全は占領軍が守ってたからさ。だから朝鮮で戦争が始まった時に占領軍たる米軍が出て行ったの。半島が赤化すると日本の安全が保てないことに気付いたからよ。マッカーサーも米国議会ではっきり証言してるの知ってる?あんな憲法を押し付けたマッカーサー自身が、朝鮮戦争が始まってから自衛隊の前身である警察保安隊とかって組織を作らせたんだし。つまりそんな昔から解釈は変わっていたのよ。勉強になるよね~^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その1:

« | トップページ | 沖縄・高江・辺野古2015年10月レポート その2 »