2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 日本の政治が劣化していく  ユネスコ拠出金を削減しろとの声 | トップページ | 袋井憲法9条の会 駅前アピール活動のちらし原案 »

2015年10月14日 (水)

辺野古埋め立て取り消し決定と政府の対応、僕たち本土に住む住民の対応

 2015年10月14日、翁長沖縄県知事は前知事が承認した辺野古埋め立てを取り消した。僕はこの日は日本の歴史に残る重要な日として、記憶にとどめたいと思う。

 同時にこの決定にどう対応するかが、さらに重要だ。沖縄の歴史、日本の歴史、日本の民主主義を書き換える節目だと考えている。

 沖縄の民意は新基地建設反対で確立している。そもそも前知事の公有水面埋め立て承認は、沖縄の民意を裏切った知事の独断決定であり、県知事選でその前知事を大差で破った翁長さんの決定は、沖縄県にとって極めて自然で当然の決断である。

 問題は政府の対応である。行政不服審査法に基づき取り消し効力の執行停止を求める不服審査請求をすると、菅官房長官や中谷防衛大臣は記者会見で述べている。

 政府の機関である沖縄防衛局が同じ政府の機関である国土交通省に行政不服を申し立てることは、漫画であり、本来「行政不服審査法」はそのような事態を想定していない。住民が行政の決定が不当であると訴えることを想定している。この問題は裁判でも争点になると思われるので、もう少し勉強して改めてブログで取り上げたいと思っている。

 僕は今一番重要なのは、本土に住む我々「やまとんちゅう」の対応だと考えている。本土のマスコミは政府の対応を大きく取り上げているが、本土に住む人間が翁長知事の決定・沖縄の民意をどう思うかについては、ほとんど取り上げていない。

 昨夜「フェイスブック(FB)9条の会」に、この翁長知事の決定に関し僕なりの短いコメントを書いたが、10時半の時点でこの問題を取り上げたのは僕一人だった。

 安保法制反対運動のような大きなうねりを起こせるかどうか、本土に住む住民の対応が問われている。

 政府の対応は地方自治無視・民主主義破壊・沖縄差別であると、自らの課題として真剣に向き合えるかどうかが問われている。

 僕は17日から沖縄に行く。安保法制の具体化の一つが辺野古新基地建設強行であり、それに反対し座り込みに参加するのは、僕にとり自然な流れである。

 おそらく戦争法案に反対し、街頭に立った多くの人々は、翁長知事の決定を支持し、政府の対応に反対だと思う。

 問題はどのようにその意思を行動に移すかである。何もしなければ、安倍政権の対応を黙認することに通じる。来年の参議院選まで待つことはできない。

 政府は執行停止が認められれば工事を再開する。法廷闘争の間も工事が強行される。きれいな辺野古の海が埋め立てられるのを座視することは、結果として安倍政権の憲法破壊・民主主義破壊を容認することにつながる。

 沖縄を孤立させてはならない。これは日本全体の問題ととらえ、自分自身の大切な課題と認識して、先ず自分にやれることから実行することから始めよう。

 一番良いのは沖縄の現場に立つことである。安保法制反対運動でも中高年の退職者が大きな力を発揮したが、時間に余裕がある60代、70代の元気な人たちが、大挙して辺野古の現場に押しかけてほしいと願っている。

 街頭でプラカードを持ち意思表示する、駅前で翁長知事支持・辺野古埋め立て反対・新基地建設反対を訴える活動もある。創意工夫すれば、現地に行けなくてもやれることはいっぱいある。

« 日本の政治が劣化していく  ユネスコ拠出金を削減しろとの声 | トップページ | 袋井憲法9条の会 駅前アピール活動のちらし原案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「本来「行政不服審査法」はそのような事態を想定していない。住民が行政の決定が不当であると訴えることを想定している。」ありゃ、そんな内容が明文化されてるの?勝手な解釈じゃないの?9条に関しては文字面だけ見て反対しているくせに、矛盾して無いの?自分でナンセンスだと思わないの?それほど劣化?
沖縄の対応は国家主権無視・民主主義破壊・基地差別じゃないの?沖縄のどっかで軍港の拡張整備だかしてる筈だけど、そっちは反対して無いじゃん。那覇空港拡張の埋め立てにも反対してないけど、どこも自然破壊じゃないの?辺野古以外の海はどうなっても良いの?
「安保法制反対運動でも中高年の退職者が大きな力を発揮した」って、昔々、中身も知らずに反対した安保闘争の続きじゃん。左翼が言っていたようにソ連や中国と一緒になっていたら貧しいままだったのに、アメリカと組んで豊かになった事だけは享受しながら反米。元先生がそれだけの年金を貰えるのも経済成長があったからこそ。息子さんが徴兵されなかったのも共産主義じゃなかったからでしょ?
弱い物相手にはやり放題の中国は南シナ海を見れば一目瞭然。アメリカがそこにいれば大人しいよね。それをわざわざ遠ざけちゃいけません。それが見えないのは明き目が不自由な人と言うな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本の政治が劣化していく  ユネスコ拠出金を削減しろとの声 | トップページ | 袋井憲法9条の会 駅前アピール活動のちらし原案 »