2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 沖縄辺野古ポート その7  集う人々 | トップページ | 沖縄辺野古レポート 11月 その9  色々 »

2015年11月27日 (金)

沖縄辺野古レポート その8 集う人々 続き

 辺野古に来て会うたびに心がほっとするのは、ゲート前にほぼ毎日詰めている伊波さん・小橋川さん・赤嶺さん。

 10月に来たとき姿が見えなかった小橋川さんに再会して、「先月お会いできなかったのでお体の都合かなと心配しました。」と話したところ、家の事情で孫の面倒を見なければならなかったとの答えが返ってきたので安心した。

 彼はオバマ大統領に辺野古断念のはがきを送る運動を始めた方。辺野古では替え歌や踊りで、皆を元気づけている陽気な方だ。

 伊波さん。彼とは3年前普天間基地ゲート前抗議行動に参加した時知り合った。退職した元教員で、弁舌も立ち、キャンプシュワーブゲート前でも指導的人物である。早朝の座り込みに欠かさず参加されている。下が伊波さん。

Img_4585

 赤嶺さん。彼は普天間爆音訴訟のメンバーで、小橋川さんと共にオバマ大統領にはがきを送る運動を提唱された。辺野古では、「沖縄を返せ」「ここに座り込め」の歌を皆で歌う時、マイクを握る。写真がないのが残念。

 国会議員では、糸数慶子さんが熱心である。沖縄に帰っているときは決まって辺野古の早朝行動に参加されている。

Img_4693


 赤嶺せいけん衆議院議員と弁護士をしている娘さんもよく来てくれる。写真はないが、赤嶺議員も一緒に座り込み、機動隊に排除された。

 修学旅行生も辺野古を訪れる。

Img_4670


 東京から来た4人。辺野古のキャンプシュワーブゲート前に来て、集会であいさつもしてくれた。辺野古のテントでも、山本英夫さんの説明に熱心に耳を傾けていた。

Img_4671


Img_4672


 とある県の私立高校の生徒たち。バス4台で辺野古研修に来てくれた。午後4時過ぎ。、常時テントに詰めているスタッフが少なかったので、僕も高校生を早く座らせるお手伝いをした。説明しているのはスタッフの田中さん。

 辺野古の浜で説明を聞く高校生たち。

Img_4673


Img_4674


 高校生たちが辺野古の海を眺め、この海が軍事基地建設のために埋め立てられる話を聞けば、自然と上のバナー「美しい沖縄の海を守ろう」という気持になってくれるだろう。

 宿「海と風」で、同じ静岡県から来ているSさんとの出会いもうれしい。僕と同世代。昨日Sさんから、彼が書いた戯曲の本が送られてきた!

« 沖縄辺野古ポート その7  集う人々 | トップページ | 沖縄辺野古レポート 11月 その9  色々 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>退職した元教員
さぞ多いのでしょうね。

>「美しい沖縄の海を守ろう」
取り戻すために全海上構造物の撤去運動も宜しいかと。排気ガスを振り撒く車も船も飛行機も全部ストップ!CO2による海水の温度上昇と酸化もサンゴの敵ですよね。濁った水を海に流さないために陸上の土木工事も一切禁止。気持ち良いですよ~^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/62759029

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄辺野古レポート その8 集う人々 続き:

« 沖縄辺野古ポート その7  集う人々 | トップページ | 沖縄辺野古レポート 11月 その9  色々 »