2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 沖縄辺野古レポート 11月 その5 カヌー隊の今後の展望 | トップページ | 沖縄辺野古レポート その8 集う人々 続き »

2015年11月25日 (水)

沖縄辺野古ポート その7  集う人々

 辺野古には沖縄各地から・本土から・海外から、実に様々な人々が集まる。僕が泊まった宿も含めて、会った人、言葉を交わした人、集会でお話を聞いた人を紹介したい。

 11月9日。宿でカヌー隊をサポートしている船長のIさん。彼は9月からずっと「海と風」に宿泊し頑張っている。彼は海保から2回も暴力被害にあっている。

10日。アメリカ人でありながら、沖縄の立場から反基地活動を長く続けておられるラミスさん。

Img_4633 

 おなじみ山城博治さん。彼とは高江以来の運動における付き合いをしている。もっとも僕は子分格であるが。闘争現場のリーダーである山城さんがゲート前に戻ってきたことが、運動を元気にさせている。

Img_4551


  上の写真は10月21日に撮影したもの。11月は厳しい闘いの現場だから、このような穏やかな写真を撮る機会はなかった。


 宿「海と風」にIさんが連れてきた日系アメリカ人の上里さん。ルーツは沖縄。カリフォルニア州でITの技術者として働いていたが、仕事に疑問を感じ退職。現在は栃木県にあるアジア学院でボランティアをしているとのこと。

 同じ宿に泊まってカヌー隊に参加している茨城県のCHIさん。彼は世界の海でダイビングをしている。スペイン語留学でメキシコに滞在したこともある国際派。僕と一緒に6時からゲート前に座り込み、その後カヌー隊に参加と、フルに活動。確か今年で6回か7回辺野古に来ている。その彼が海保の暴力にあったことはすでにレポートした。

 11日。この日は議員行動日で500名が集まった日。高江からもおなじみの人々がたくさん来ていた。早朝から座り込みに参加したのは、ほとんどが地元沖縄の人々。平日だから60歳以上の方が多い。

 12日からカヌーに本格的乗るようになって、疲れてメモを取っていない。印象に残った人々のみ、明日この続きを書きたい。

« 沖縄辺野古レポート 11月 その5 カヌー隊の今後の展望 | トップページ | 沖縄辺野古レポート その8 集う人々 続き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>ほとんどが地元沖縄の人々。平日だから60歳以上の方が多い
中国の横暴を書かない地元紙に影響されたんでしょうな。ヒマもあるし・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/62748481

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄辺野古ポート その7  集う人々:

« 沖縄辺野古レポート 11月 その5 カヌー隊の今後の展望 | トップページ | 沖縄辺野古レポート その8 集う人々 続き »