2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沖縄辺野古レポート 11月 最終回  翁長知事夫妻の決意 | トップページ | 第3の琉球処分を黙認するのかどうかが本土の人間に問われている »

2015年12月 2日 (水)

第16回「満月まつりin浜松」

 11月29日、浜松市の龍泉寺で、満月まつりがあり、沖縄・原発のアピール者として参加した。

 今年で16回目を迎えるイベントだが、沖縄への思いを共通に持つ仲間が中心にやっているので、可能な限り参加している。このイベントは沖縄から始まり、今では全国各地で満月のころ開催されている。

Img_4765


  ブルーシールズの皆さんによる演奏。

Img_4767


NO!NO!BAND&TAKEUCHIの歌

Img_4768


Img_4769


地引浩さんと生駒さんによる自作詩の朗読。

Img_4770


 キヨミさんの詩の朗読

Img_4772


Img_4773


 僕は「デイズジャパン」12月号に掲載された福島・沖縄辺野古の写真を示しながら、10月11月辺野古の座り込みに参加した報告と浜岡原発再稼働をストップさせるためにUPZ市民団体交流会が取り組んでいる活動紹介、及び僕の沖縄への思い・浜岡原発を完全に止めたい僕の決意を語らせてもらった。

 与えられた時間が10分だったが、後で主催者から20分も話しましたよと言われ、恐縮した。

Img_4775


 めでたバンドの元気が出る歌。

Img_4776


 飛び入りの歌声がお堂に響いた。

Img_4777


 OSHOES. 彼がこの寺の住職。

Img_4778


Img_4779


 SIRAKURA&YOSHIKOのグループは、本格的なジャズ演奏と歌を披露。音楽の街・浜松を感じさせた。

Img_4780


 エンディング。この混成バンドの演奏で皆で輪になって沖縄の踊りをした。午後1時半から4時45分まで、長いイベントになったが、和やかなひと時を過ごした。

« 沖縄辺野古レポート 11月 最終回  翁長知事夫妻の決意 | トップページ | 第3の琉球処分を黙認するのかどうかが本土の人間に問われている »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>与えられた時間が10分だったが、後で主催者から20分も話しましたよと言われ
時間を守れないんじゃ先生失格ですよ。引退して時間が経ち過ぎてかな?それとも時間感覚がお年で?

相変わらず写真撮影が下手ですねぇ。デジカメの手振れ防止機能でも防げないほどの手の震えがあるのかしら?一度、脳の検査をお薦めします。お大事にして下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16回「満月まつりin浜松」:

« 沖縄辺野古レポート 11月 最終回  翁長知事夫妻の決意 | トップページ | 第3の琉球処分を黙認するのかどうかが本土の人間に問われている »