2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 川勝静岡知事及び危機管理部原子力安全対策の回答 | トップページ | 2015年大晦日 »

2015年12月29日 (火)

川勝静岡県知事の後退した回答

昨日このブログで避難計画に関わる県当局の回答を報告したが、地元範囲に関わる回答を報告する。

 これも県ネットのメールに投稿したものをコピーします。

 

25日午後4時から、危機管理センターにおいて、UPZ市民団体交流会から出した要望及び質問書への回答がありました。再稼働の是非を判断するのに31キロ圏内11市町自治体の同意が必要に関する項目では、要望・質問には全く答えず、木で鼻をくくった回答で、話にならなかったです。

 

 

 

 

 

1.  知事は浜岡原発の再稼働にはUPZ圏内4市に加えて5市2町の同意が必要になるとの認識を記者会見で表明されていますが、この点に関し、改めて公的な場(県議会や県民だよりなど)で明確に知事のお考えを示してください。

 

 

 

2.  地元(UPZ圏内11市町)の同意だけでなく、県内他地域の自治体の意向や県民の意見も大切だと考えますが、この点知事はどのようにお考えでしょうか。

 

 

 

回答

 

 

 

 エネルギー基本計画(平成26年4月)において、国は、原子力発電所を再稼働する際には、「立地自治体等関係者の理解と協力を得るよう、取り組む」としています。この立地自治体等関係者、いわゆる「地元」の範囲について、国は明確には示していません。

 

 

 

 現在、浜岡原子力発電所は、原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査が継続中であることなどの課題があり、再稼働について議論できる状況にありません。県としては、国に厳正な審査を求めるとともに、静岡県防災・原子力学術会議のご意見を伺い、安全性について独自に検証を行うなど、まずは、安全性の確認を最優先に取り組んでいるところです。

 

 

 

 安全性が確認され、再稼働について検討することとなった場合には、県民のご意見を伺う範囲や方法についても、ご説明することとなると考えております。

 

 

 

 

 

 *川勝平太県知事は、この回答を危機管理監兼危機管理部長の名前で回答してきた。私たちは直接会っての回答も求めていたが、会おうともしない。

 

 

 

 逃げと不誠実な回答に対し、安全対策課課長の塩崎氏や係長の石井氏らとやりとりしてもしょうがないと判断し、直接知事に再度見解を求めたいとして、この件の話し合いを打ち切った。

 

 

 

 広域避難計画に関する回答と意見交換報告は長くなるので後日行います。5時40分までやりましたが、その中で1点だけ報告します。5市2町と中電との安全協定締結に向けての件で、石井さんが「首長さんの間で意見がまとまっていない」と発言。地元範囲について知事の見解が後退したとあなた方は受け止めておられるが、必ずしもそうではありません。基本的な線は変わっていませんと、釈明した。

 

 

 

 今朝の朝日新聞に、「31キロ圏の安全協定 少し時間がかかる」 袋井市長、見通し示す  の見出しで、24日藤枝市内で5市2町の首長が集まり話し合ったが、「残念ながら一致せず、成果は得られなかった」 「内容については触れないことを申し合わせている」

 

「中電とやりとりをした結果、案が揺れてきた」との原田袋井市長のコメントが載っている。

 

 

 

 おそらく中電の巻き返しが、知事回答および安全協定締結に大きく絡んでいると思われる。川内・高浜のように、立地自治体と県知事の同意で再稼働路線が、静岡県でも出てきた。

 

 

 

 

 

このような動きにどう対応するのか。UPZ市民団体交流会では、1月16日午後1時半から、御前崎市佐倉公民館で議論しますが、県ネットの全県交流会が、1月24日午後1時半から、もくせい会館であるので、そこでも議論してほしいと思います。

 

 

 

            浜岡原発を考える袋井の会  竹野昇

 

 

 

« 川勝静岡知事及び危機管理部原子力安全対策の回答 | トップページ | 2015年大晦日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

再稼働するかどうかも分からないのに、そんな面倒な仕事はしないわさ。自分のモノになっていない車に保険を掛けるようなものじゃん?飛行機に乗るかどうか分からないのに搭乗者保険は掛けへんよね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川勝静岡県知事の後退した回答:

« 川勝静岡知事及び危機管理部原子力安全対策の回答 | トップページ | 2015年大晦日 »