2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート その9 | トップページ | 中学校時代の同窓会 伊賀市にて »

2016年2月24日 (水)

2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート最終回

 最終回としたが、実は今月27日から3月8日まで沖縄・辺野古・高江・伊江島に行く。従って取りあえず最終回としたい。

 いつも沖縄に行って感じることがある。日ごとに、沖縄の人々の新基地建設反対の強い気持ちが高まっている。ゲート前に集まる人々が増えている。

 政府は本隊工事着手の既成事実を作り、いくら反対しても無駄だよと、諦めさせる戦略だが、逆に県民の怒りが高まり、実力で阻止する(もちろん非暴力だが)体制が強化されている。

 菅官房長官は、宜野湾市長選での勝利で、オール沖縄の反対闘争ではないと主張しているが、それは現場を知らない人のみかたにImg_5073


過ぎない。

 新基地建設阻止において、沖縄では保守も革新もない! 島ぐるみ会議のバスで来る人たちの中には、保守系の元町村長や議会議長さんも多い。農協の幹部もいる。

 安倍政権は「どうせ金で片ずく」と沖縄を見くびっているが、とんでもない! 力づくでやればやるほど、沖縄の団結が強固になっている。

 工事は遅れに遅れている。本体工事は全くできていない。ゲートに出入りする作業員やトラックは、本体工事のためでなく、米兵の隊舎建設や道路建設関連である。県と名護市の認可が下りないのが遅れの原因だが、詳しくは3月中旬に書くレポートで説明したい。

Img_5067


Img_5069


Img_5075

« 2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート その9 | トップページ | 中学校時代の同窓会 伊賀市にて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート最終回:

« 2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート その9 | トップページ | 中学校時代の同窓会 伊賀市にて »