2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート その4 | トップページ | 2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート その6 国際的な高江テント »

2016年2月10日 (水)

2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート その5 「再会」

 「再会」

Img_4991


 右の若者は、韓国から何度も高江・辺野古の座り込みに参加してくれている、ノ・キョントウさん。ニックネームは、「イルカ」。息子さんと一緒に春休みを利用して高江の住民の会の宿舎「デイゴ家」に宿泊して、新基地建設阻止のために頑張ってくれている。

 彼と会ったのは、2年前の12月、高江のテントで。その時は1か月半以上、高江に滞在。日本語ができるので、色々話をすると、なんと現職の小学校の先生。研修の名目で、高江の座り込みに来ていた!

 日本では教員が研修名目で長期間座り込みに参加するなど、考えられない。韓国の学校のほうが自由だ。

 「イルカ」君は、とても優しく、かつよく気が利く。2年前、高江の住民の会の家で一緒に食事を作ったことがあったが、なんでも自分から進んでさっと自然にやってくれた。

 今回辺野古でも、ブロックを積む作業など、日本人以上にやってくれた。子どもさんも、日本の若者と一緒に、自分にできることを楽しそうにやっていた。

 この日は夜高江で車に泊まり監視する役割をするとのこと。上の写真は僕が午後高江に行き、夕方N1テントの近くで撮影。

 彼は全羅北道の金堤市から来ている。今年夏、彼の故郷を訪れたいと思っている。

« 2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート その4 | トップページ | 2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート その6 国際的な高江テント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート その4 | トップページ | 2016年1月末~2月上旬 辺野古・高江レポート その6 国際的な高江テント »