2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 辺野古座り込みレポート その3  2月下旬~3月上旬 | トップページ | 辺野古座り込みレポート その5  2月下旬~3月上旬 »

2016年4月 4日 (月)

辺野古座り込みレポート その4  2月下旬~3月上旬

 3月3日は動きがあった。水曜日だけでなく、木曜日も多くの人を集めるようになったので、朝7時には約200名が結集。機動隊も工事車両の動きもなし。

 そこで工事用ゲートから弾薬庫がある第2ゲートに移動して集会をやっている間に、8:45、工事車両3台が入るのを許してしまった。油断も隙間ない。

 さらに午後2時ごろ、人が少なくなった時間帯に、機動隊が出てきて、我々を排除し、ダンプカー3台が入った。防衛局はこちらの動きをよく見ている。隙があれば、業者と警察に連絡し、工事を進めようとする。だからこそ、現地での座り込み、それも多人数での阻止行動が必要になる。

Img_5175


Img_5176


 下の写真は午前8時半ごろのもの。第2ゲート前。

Img_5169

Img_5170


Img_5171

 下の写真は集会の様子。

Img_5174


 アメリカの学者で、核兵器廃絶の活動をしている。長崎大学の招きで来日。

Img_5177


 スコットランド出身で在沖縄21年になるリンダさんとその息子さん。息子さんは無農薬で農業をしている。

Img_5178


今回宿泊した 「辺野古の家」 で一緒になったOさん。彼女は中国の大学で日本語を教えている。自分が子供のころ、母に「どうして戦争を止めれなかったの?」と聞いた。今度は、自分が子供に問われている。戦争につながる基地建設を止めたいと、思いを語ってくれた。

 彼女は今回はトイレ送迎のスタッフとして活躍していた。夜、辺野古の家で神奈川県から参加した若い女性を交え、3人で色々話した。Oさんは、バイオリンを持参し、その練習を辺野古集落の公園でやっていたら、子ども達が集まってきて、色々会話したとのこと。子どもの口から、新基地に反対しているおばさんがいると、家族にも伝わっていると思われる。

 Oさんは出来れば辺野古集落にアパートを借り、子ども達に勉強を教えたいとも話してくれた。地元の人たちに受け入れてもらういい方法だと感心した。是非この構想を実現してほしいと願う。

« 辺野古座り込みレポート その3  2月下旬~3月上旬 | トップページ | 辺野古座り込みレポート その5  2月下旬~3月上旬 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古座り込みレポート その4  2月下旬~3月上旬:

« 辺野古座り込みレポート その3  2月下旬~3月上旬 | トップページ | 辺野古座り込みレポート その5  2月下旬~3月上旬 »