2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« サミットのおかしさ  税金のムダ使い | トップページ | マイケルムーアの「世界侵略のススメ」を観て »

2016年5月28日 (土)

核兵器を本気で地球上から亡くすための一歩としたい  オバマ大統領の広島訪問に思う

 昨日オバマ大統領が広島を訪問した。平和公園には1時間足らず。原爆資料館見学は10分。被爆者との直接対話は数分。
 スピーチは10数分。確かに話は旨い。言葉の選択、原稿の棒読みでなく、聴衆(目の前の100人だけでなく、テレビカメラ、報道機関のカメラを意識して、自分の姿を見るであろう世界中の人々)を眺めながら、時々間を置き、話すやり方は、演説のプロだ。
 しかし、核兵器を本当に世界から亡くすための具体策が何もない。広島にせっかく来たのだから、じっくり資料館を見学し、被爆者の話を聞き、学ぼうとする姿勢が見られない。スピーチは日本に来る前に用意されていた。
 アメリカ国内対策の制約は理解できるが、それにしても内容がない。空疎に聞こえたのは、僕だけでないだろう。
 核を世界から亡くす(ここでは意識的に亡を使っている)には、核兵器禁止条約が必要である。核使用が、人類に対する犯罪であり、核は非人道的兵器として保持を禁止する(保持している国に廃棄を義務付ける)国連の決議が必要である。
 この決議採択にむけて多くの国々は努力している。しかしアメリカを始め全ての核保有国はその決議をさせないよう、あらゆる手を使って妨害している。日本も同じ。
 核抑止論を肯定する限り、永遠に地球上から核兵器を亡くすことはできない!
 僕はオバマ大統領のメッセージを評価しないが、現職大統領として初めて広島を訪問したこと自体は評価している。
 これを機に世界中の人々が核問題に関心を持ち、広島・長崎を訪問することにつながれば、そして核禁止条約の必要性に多くの人々が気づくようになれば、地球上から核兵器を亡くす一歩につながると思いたい。

« サミットのおかしさ  税金のムダ使い | トップページ | マイケルムーアの「世界侵略のススメ」を観て »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« サミットのおかしさ  税金のムダ使い | トップページ | マイケルムーアの「世界侵略のススメ」を観て »