2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 近況あれこれ その1 | トップページ | 核兵器の問題 続き »

2016年5月14日 (土)

オバマ大統領の広島訪問を契機に、核兵器を本当になくすにはどうした良いのかを考える

 袋井憲法9条の会として、毎月19日に袋井駅前活動で配布するちらし原案を作成した。

オバマ大統領広島訪問を契機に、核兵器使用禁止・廃絶を考えよう!

 

 5月27日、現職の米大統領として初めてオバマ氏が広島を訪問する。オバマさんには被爆地で核兵器の非人道性についてじっくり見学してもらいたい。彼の訪問を契機に、核廃絶に何が障害となっているのか、核兵器の非合法化=使用禁止を国連で決議する際、何が障壁となっているのかを、共に考えましょう。

 

【 核廃絶をアピールするだけで、世界から核兵器を無くすことができるだろうか】

 日本は唯一の被爆国として、核兵器廃絶を世界にアピールしてきた。世界中の政治指導者も、核軍縮と廃絶には賛成してきた。国連でも同様な決議が幾たびか可決されてきた。

 しかし、米・ロ・中・英・仏・印・パキスタン・イスラエルなど核保有国は、核を手放さない。近年では、北朝鮮が小規模ではあるが核を持つにいたった。

 

【 核保有国の論理=核抑止論=核が国・平和を守る? 】

 多くの核保有国は自ら先に使用しないが、やられたら核で反撃・報復するとの立場に立っている。「戦争を仕掛ける側は、報復を恐れて攻撃してこないだろう」、これが「核兵器が戦争の抑止力となる」つまり「核抑止論」である。

 

【 日本はアメリカの核の傘に入り、核抑止論に立っている 】

 日本政府は政策として核兵器を持たないが、自衛のためなら憲法は核保有を禁じていないと主張している(3月の国会で、内閣法制局長官がそのように答弁)。唯一の被爆国として国民感情が許さないから核を保有しないが、日米安保でアメリカの核の傘に入り、核抑止論を肯定している。

 この日本政府の考えは、「原爆で苦しむのは自分たちで最後にしてほしい。核兵器は非人道的兵器であり、その使用を国連で禁じてほしい」との被爆者の願いを踏みにじってきた。

 

【 核兵器は非人道的兵器であり、その使用を禁じる国連決議採決に、日本政府は一貫して反対・棄権してきた 】

 対人地雷やクラスター爆弾は非人道的兵器であると、その使用を禁じる国連決議に日本政府は賛成してきたが、核の場合、唯一の被爆国でありながら何故その使用を禁じる決議に棄権するのか?

 

【 核が使えない兵器になれば、アメリカが困る。対米配慮。】

 昨年オーストラリアが提案した「核兵器使用を禁じる国連決議案」に、約130の国が賛成したが、核保有国が反対、日本は棄権し、全会一致の国連で可決にいたらなかった。アメリカは核の先制攻撃も辞さない立場であり、国連で自らの手を縛られるのを嫌い、日本政府はアメリカの核の傘に守られているからと、根本的に地球上から核を廃絶することに水を差している。

 

【 北朝鮮は何故核保有に執着するのか? 】

 彼らは自国を守るために核開発をし、核を保有すると主張している。イラクのフセイン政権やアフガニスタンのタリバン政権がアメリカの攻撃で倒されたのを教訓とし、アメリカに報復する核兵器が自国防衛だと信じている。

 

【 日本政府が原発に執着するのは、潜在的核保有国たらんとするため 】

 核も原発も無くしたいというのが大半の国民感情だと思います。しかし政府や自民党の考えは違います。原発を維持することが、核技術の継承と核爆弾原材料(プルトニウム)の保有につながると考えています。

 

【 核を含め軍事力では平和を守れない。世界はより危険になる 】

 軍事力で平和を守ろうとすれば、最後は核武装に行きつきます。近年、日本や韓国の一部の政治家が、核の選択肢も検討すべきと発言しています。核抑止論を放棄しない限り、核保有国が増え、世界はより危険になります。

 

                  袋井憲法9条の会

« 近況あれこれ その1 | トップページ | 核兵器の問題 続き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ブログ『マスコミに乗らない記事』に「オバマがヒロシマを訪れるのなら,フクシマも訪れるべし」という意見が載っていました。
貴九条の会の活動には敬意を表するところですが,核兵器廃絶等を訴えるのであれば,原発にも反対すべきと考えます。その理由はどちらも原子や中性子を利用した装置だからです。さらに両方とも,被害が甚大だからです。
そういう風に考えたとき,オバマがヒロシマを訪れるなら,フクシマも訪れ,未来志向で原発廃絶をも訴えるべきと考えます。しかしオバマはTPPあるいはTTIP推進中心人物です。TPPやTTIPによって主権が多国籍企業によって制限されれば,核兵器も原発稼働も売り込み可能となります。したがいましてまず,TPP(環太平洋連携協定)に反対し,核兵器廃絶や原発廃棄に賛成すべきと,小生は考えおります。その意味でオバマから謝罪の言葉は聞きたくもありませんし,不要です。

空又さん、コメントありがとうございます。原発にはもちろん反対です。袋井では、9条の会とは別に、浜岡原発を考える袋井の会を結成し、そちらで活動しています。メンバーは9条の会と重なっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 近況あれこれ その1 | トップページ | 核兵器の問題 続き »