2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 福島原発事故が人々に何をもたらしたのか、理解するための企画 | トップページ | 僕のストレスとその解消法  心の癒し »

2016年6月11日 (土)

参議院選で自公与党プラス改憲勢力に3分の2を取らせないために

 袋井憲法9条の会として、参議院選に向けたちらしを6月17日に駅前で配布する。毎月19日にやっているが、日曜日なので朝の通勤・通学客がいないので、繰り上げて17日にした。
 そのちらし原案を作成した。色々書きたいことがあるが、知人から「選挙に行こう」を前面に出し、ごちゃごちゃ書かないほうが良いとアドバイスを受け、下記のようにした。

選挙に行こう! 投票は、おかしいと思う政治を変える一歩です!

 

 7月10日投票の参議院選挙がまじかに迫ってきました。今回の選挙は日本の針路を決める重要な選挙です。私たちは先ず、選挙に行こう=投票という行動で、自分の意思を表そう、それがおかしいなと思う政治を変える一歩だと考えます。

 

安倍首相は争点を隠している。憲法が争点!

 

安倍首相は経済・アベノミクスが争点だと言っていますが、本当に争点にすべきは、憲法問題です。憲法で禁じられている海外での戦争に自衛隊が参加できるようにした安保法制の是非を問う、さらには憲法改正発議に必要な3分の2を参議院で自公など与党がとるかどうかが、争点です。

 

 

戦争法に賛成した与党が3分の2を占めたらどうなる?

 

 安保法制は明確に憲法違反ですから、憲法改正(改悪)して、堂々と自衛隊が海外で戦争ができる様にする、これが安倍首相の狙いです。憲法改正を全面に出すと選挙で不利になるので、公約の隅っこに載せ、街頭演説では一切言わない、しかし選挙が終わったら信任されたとやりたい放題、これが安倍政治です。

 

 

若者が政治を変える!

 

 今年から投票が18歳以上に引き上げられました。投票は主権者としての権利です。自分たちの未来がどうなるのか、今回の参議院選挙の結果が影響します。若者が選挙に行くことで、日本の政治が変わります。衆議院で自民公明の与党が3分の2を握っているので、今回の選挙で野党側が勝利しても、直ちに政治が変わるわけではありませんが、安倍政治の暴走は食い止めることができます。次の衆議院選の展望が開けます。

 

 

私たちは憲法を守り、戦争法廃止、沖縄新基地建設反対、原発再稼働を許さない政党・候補者を支持します

 

 袋井憲法9条の会  

« 福島原発事故が人々に何をもたらしたのか、理解するための企画 | トップページ | 僕のストレスとその解消法  心の癒し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 福島原発事故が人々に何をもたらしたのか、理解するための企画 | トップページ | 僕のストレスとその解消法  心の癒し »