2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 本格的な梅雨  夏風邪  沖縄慰霊の日 参議院選 | トップページ | イギリスEU離脱を選ぶ国民投票結果について »

2016年6月24日 (金)

韓流ドラマ「商道 サンド」にはまってしまった!

BS4チャンネル12時から12時55分まで放送されている、韓流ドラマ「商道 サンド」にはまっている。昼ご飯を食べながら見るのがささやかな楽しみとなっている。
 僕が本気ではまった韓国ドラマは、「ホジュン 宮廷医官への道』以来2本目の作品となる。食事しながら気楽に見ているのだが、ストーリーと役者の演技(人柄もにじみ出ている「)に引き寄せられている。
 このブログを書くためにインターネットで「商道」を検索し、演出・脚本・時代背景などを調べた。
 演出は、イ・ビョンフン。実は彼のことは何も知らなかったのだが、「宮廷女官チャングムの誓い」や僕が初めて韓国ドラマにはまった「ホ・ジュン」も彼の演出によるものだと分かった。道理で面白いはずだ。 「ホ・ジュン」は韓国市場最大の視聴率をあげたそうだ。
 脚本は、チュ・ワンギュ。この人は「ホ・ジュン」の脚本も手掛けている。
 先日友人3人に、たまたま「商道」の話をしたところ、なんと3人とも毎日見ているとのこと!
感想は僕と同じ。役者の魅力とストーリーの面白さだ。
 主人公イム・サンオクは、1779年から1855年まで生きた朝鮮王朝後期の大商人。今でいう商社の経営者だが、王様に見込まれ日本でいえば群や県のトップにまで出世している。さらに王様から出世の話があったが、これ以上の権勢欲は人間をダメにすると断っている。
 全50話のドラマも後半にさしかかっている。今日もお昼が楽しみだ!
 
 

« 本格的な梅雨  夏風邪  沖縄慰霊の日 参議院選 | トップページ | イギリスEU離脱を選ぶ国民投票結果について »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓流ドラマ「商道 サンド」にはまってしまった!:

« 本格的な梅雨  夏風邪  沖縄慰霊の日 参議院選 | トップページ | イギリスEU離脱を選ぶ国民投票結果について »