2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 天皇について  その3 | トップページ | 天皇について その5 昭和天皇の戦争責任 »

2016年8月15日 (月)

天皇について その4 天皇個人について

 現在の天皇は今上天皇とも昭仁天皇とも呼ばれている。僕の彼自身への評価・感情について、率直に述べたい。
 真面目で、憲法を誰よりも大切にされ、日本が再び戦争の惨禍に襲われないよう、世界の平和を心から願っておられる。
 過去の戦争に対しても、侵略戦争だったという言葉は使わないものの、日本の加害責任を痛感されておられる。この点、歴史を歪曲し、過去の戦争を美化しようとしている安倍首相をはじめとする日本会議に連なる国会議員や保守勢力と異なる。
 言ってみれば、『護憲派』だ!  政治的な発言は控えておられるが、言葉の端々に彼の思想や思いがにじみ出ている。
 皇后の美智子さんも賢明な人だと評価している。ご主人と同じ思想・考えをお持ちだと見ている。
 沖縄への思いも、現在の安倍政権とは異なっていると想像している。おそらく申し訳ない気持ちをお持ちだと思う。
 この思想や考え・思いは、お父さんである昭和天皇の存在、裕仁天王の戦争責任に大いに関係している。
 もし僕が同じ立場だったら、それはよく理解できる。父が戦争において果たした役割=国民を天皇の名において戦争にかりだし、アジアの民を2000万人も殺し、沖縄戦・本土空襲・原爆で兵士を含んで300万人も死亡させた、その責任を息子として感じないほうがおかしい。
 僕の父も赤紙で徴兵され、中国に送られた。貧しい農家の長男が、人殺しの練習をさせられ、銃剣で中国人の男性を突き殺した戦争体験をしている。行軍する村々で、食料を奪った話を聞いたことがある。病気になり、内地に送り返され、戦死することはなかったが、父は自らの戦争体験を恥じていた。僕は戦後生まれだが、父の加害行為を恥じかしく思っている。中国の人々に申し訳ない気持ちを持っている。
 
 昭和天皇と僕の父。その息子。立場は違うが、戦争への反省と二度と戦争をしてはいけないとの思いは同じだと思う。
 

« 天皇について  その3 | トップページ | 天皇について その5 昭和天皇の戦争責任 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

戦後71年になりますがいつまで中国に謝ればいいとお考えですか?
また貴方は子供やお孫さんにも自分の父親の加害行為を恥じるように教えてるのですか?

日中平和?友好?条約で全てのカタはついた筈。その為の条約だもん。
あの戦争はコミンテルンー中共が仕掛けたもんじゃん。合法的に大陸に居た日本軍を攻撃し、半島人を含む日本人を虐殺したのはどこの国さ。何回も条約を結んでも守らなかったのはどこの国さ。対日禁輸もしてたしね。そんな共産主義者にアメリカも操られてての大陸支援と対日禁輸。喧嘩にならない方が不思議だな。
マッカーサーが解任された後、米国議会で「日本の戦争は自衛のためだった」って言ったの知ってる?対日戦の元帥がだぜ!
「アジアの民を2000万人も殺し」この数字は戦後、だんだん多くなったの知ってる?被害を大きく見せたいから。中国の大躍進で2000万、文化大革命で1000万が自国の主席に殺されたことはどうお考え?毛君は責任を取ったの?権力者として両方とも発動したよね?よその国の事はどうでもいいの?けどさ、そんな国よりよっぽどマシって思わない?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64061499

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇について その4 天皇個人について:

« 天皇について  その3 | トップページ | 天皇について その5 昭和天皇の戦争責任 »