2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 天皇生前退位意向について   庶民感覚では当たり前 騒ぐほうがおかしい | トップページ | 天皇について その2 »

2016年8月12日 (金)

天皇について その1

 天皇について、日本国憲法第一条にこう規定されている。
 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。
 1945年8月、日本の敗戦で長い戦争が終わり、天皇制を利用した軍国主義から日本国民は解放された。
 しかし、明治依頼の天皇を特別な存在とあがめる意識は、敗戦で変わったわけではなかった。
 敗戦を受け入れた支配層はもちろんだが、一般庶民も天皇制を廃止することを望んでいなかったのは歴史的事実である。
 一方戦勝国のアメリカ、ソ連、英国、オランダ、カナダ、オーストラリア、ニュージランドなどの連合国、さらに中国は、日本の軍国主義を根絶することには意見が一致していたが、天皇制を廃止するか存続させるかは、十分な議論もなく、日本を占領したアメリカが天皇制も含めて日本統治する全権を握る形になった。
 アメリカ占領軍は日本に来て、日本国民の天皇にたいする特別な態度をまじかに見て、「天皇制を廃止すれば、大反発・大混乱を招き、得策ではない。天皇制を存続させたほうが占領政策がうまくいく。」と判断した。
 その結果、この1条ができた。当時の日本支配層や保守陣営、さらには普通の国民も、大きな抵抗感なく、受け入れたのも歴史の事実である。
 そうして現在の天皇はこの1条に記された天皇の地位を忠実に守り、さらに息子たちに引き継ぐために、生前退位を望んでいる。
 僕は1条の「この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」に注目している。主権者は天皇でなく、国民である。主権在民が日本国憲法の根本理念だ。
 主権者である僕たちが望めば天皇制を廃止することも可能である。あるいは日本国民統合の象徴の地位という規定を、時代に合ったように変更・修正することも可能である。
 ここから僕の本音。僕は将来(それは何年先か分からないが)天皇制は無くしたほうが良いと考えている。
 その理由。
①天皇及びその家族も日本国憲法で規定されている基本的人権を保証されるべきである。しかし、現状は気の毒なぐらい、自由が奪われている。
 職業選択の自由・結婚の自由・好きなところに住む自由・外出の自由・投票する権利など、普通僕らが享受している自由や権利が著しく制限されている。自由に意見を述べることも制約されている。
 多くの人は問題にしないが、僕は戸籍がないこと・性名の苗字がないこと・納税の義務がないことも、おかしなことだと思っている。
 君が代を歌うことに抵抗感を持っているが、天皇は君が代を歌うこともできない。8月15日、全国戦没者の慰霊祭のテレビ中継に注目してほしい。
 
 国旗・国歌法が強行採決された年の8月15日、僕は12時から始まったNHK放送に注目した。天皇は口を開けて君が代を歌っていなかった。恐らくそれは天皇の意思でなく、宮内庁幹部から、「あなたに向けられた歌だから歌わないでください」とくぎを刺されたものと思われる。
 ことこれほどに、人間としての自由が奪われている。皇太子の奥さんが、精神を病む病気になったのも、非人間的な天皇制に原因があると思う。雅子さんは外交官として活躍されていたら、もっと自分の能力を発揮し、生き生きと幸せに暮らせるだろうと想像する。
②人間皆平等であるべき。人の上に特別な存在の人を置くのは憲法の理念に反する。憲法第14条
 すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
 ところが天皇はある意味「差別」されている。特別な存在として扱われ、それ故に様々な基本的人権が奪われているという意味において。
 天皇家が普通の家になれば、この制約(不自由)から解放される。
③天皇制が無くなれば、日本人の精神性・ものの考え方も自由になり、民主主義が日本に定着するきっかけになる。
 残念ながら戦後の日本は、天皇制のくびきから解放されていないため、本当の民主主義が育っていない。議会制民主主義という形式的な民主主義が存在しているに過ぎない。   自分の頭で考え、自分の意見を他者に発表し、他者の違った意見にも感情的に反発するのでなく耳を傾け、少数者にも配慮しながら、最終的には多数決でものごとを決める、これが民主主義だと思うが、地域で・学校で・職場で・各種議会で果たしてそのようになっているだろうか?
 他にも理由があるが、長くなるので続きは次回にしたい。

« 天皇生前退位意向について   庶民感覚では当たり前 騒ぐほうがおかしい | トップページ | 天皇について その2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「天皇制を利用した軍国主義から日本国民は解放された。」また馬脚だな。戦争してる国でその間、軍国主義にならない国を挙げてみよ。ソ連が軍国主義ではなかった事を立証してみ?毛沢東は「政権は銃口から生れる」って言ったぞ。中国の軍隊は国軍じゃなくて共産党の軍隊だろ?軍国主義の最たるもんだと思うぞ。
そんな過酷な象徴は他になり手が居ないな。誰が出来るのさ?元首は居ない訳にいかないのよ。誰が良いと思う?元首相の中曽根さんかい?^^;;

おっ、また投稿を拒否された。日本には思想信条の自由があるんだぞ。批判されたくなかったら嘘まみれのブログを止めれば~^^
拒否を掻い潜って投稿するのも面白いけどさ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64047349

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇について その1:

« 天皇生前退位意向について   庶民感覚では当たり前 騒ぐほうがおかしい | トップページ | 天皇について その2 »