2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 韓国旅行 ナヌムの家を訪れて その2 | トップページ | 韓国旅行 ナヌムの家を訪れて その4  安所長 通訳のチェ・ヘギョンさん »

2016年8月31日 (水)

韓国旅行 ナヌムの家を訪れて その3

 ナヌムの家の歴史観はすっかり展示が新しくなっていた。
Img_5733
Img_5729
 
Img_5731
Img_5732
Img_5738
Img_5739
Img_5740
Img_5741
Img_5742
Img_5743
Img_5744
 上2枚はハルモニが描いた絵。以前は原画が展示されていたが、色があせるのを防ぐために収蔵庫に保存され、これは写真。
Img_5745
 リアルな慰安婦の部屋。フラッシュで明るくなっているが、展示室は薄暗い。畳1畳半ぐらいで、隣とはベニアで仕切られた小部屋で彼女たちは生活し、またそこで日本軍兵士の性の奴隷にされた。
 異国の地に、騙され、あるいは強制的に連れてこられ、見たこともない知らない男に体を恥辱されたくやしさ・悲しみ・絶望を、この部屋で想像したら、本当に申し訳ない思いがした。 日本政府は10億円のお金で解決しようとしているが、安倍首相や岸田外務大臣、その他政府の高官がここにきて、彼女たちが受けた苦痛を理解し、心から申し訳なかったと謝らなければ、本当の解決にはならない。
Img_5746
Img_5747
Img_5748_2
 3人並んでいる右の方が、彼女たちが暮らす生活館でお会いしたハルモニ。通訳のヘギョンさんが名前を教えてくれたのだが、その時メモしなかったので、名前を紹介できない。後でナヌムの家にメールして教えてもらうつもり。
 彼女が僕が帰る際、玄関まで見送りに出て、「また来てくださいね」と、言ってくれた。僕は来年、必ず彼女に会うため、再訪したいと思っている。
Img_5736
 右のハルモニは、僕がペ・チュンヒさんの写真を見せた際、「なんで写真を持ってきたの?」と、日本語で尋ねた。その表情は、僕に不信感があるように感じられた。僕は、「スタッフの方たちが変わっているから、僕が11年前にここに来たことが分からないだろうと思って、持ってきました。」と答えた。
 少し納得されたようだが、短い面会だったので、とても心が通じたとは思えない。次回はこの方とも心が通じる会話ができたらなと願う。
 左の方はかなり高齢で、残念ながらあまり反応がなかった。日本の老人ホームに行くと反応がない方が多いが、これは加齢とともにやむを得ない現象である。だからこそ、お元気な時に、きちんと日本側が謝罪し、彼女たちの受けた心の傷をいやす努力をすべきだと思う。
Img_5750
 
Img_5751
 
Img_5752
 この方が韓国で最初に名乗り出た方・キムハクスンさん。彼女の勇気がなければ、日本・韓国で彼女たちの苦痛の歴史が闇に葬られていただろう。
Img_5753
Img_5754

« 韓国旅行 ナヌムの家を訪れて その2 | トップページ | 韓国旅行 ナヌムの家を訪れて その4  安所長 通訳のチェ・ヘギョンさん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64134497

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国旅行 ナヌムの家を訪れて その3:

« 韓国旅行 ナヌムの家を訪れて その2 | トップページ | 韓国旅行 ナヌムの家を訪れて その4  安所長 通訳のチェ・ヘギョンさん »