2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 天皇について その1 | トップページ | 天皇について  その3 »

2016年8月13日 (土)

天皇について その2

 天皇制を廃止したほうが良いと僕が考える理由の続き
④皇居の国家的有効利用
 天皇家が普通の家になったら、皇居は国有財産として、広く国民に解放されるべきだと考える。もともと皇居は徳川家のものだった。江戸幕府が終わり、江戸城無血開城に伴い、京都から天皇が移り住んで現在に至っている。
 天皇制を廃止する利点は、皇居の活用だ。息子が杉並区に住んでいるのでたまに泊りがけで行ったおり、早朝皇居の周りをウオーキングすることが時々ある。地下鉄丸ノ内線に乗り、皇居近くの駅で降り、皇居一周する。ジョギングする人やウオーキングする人、自転車で回る人様々だが、いいコースである。
 ウオーキングしながらよく思う。『 皇居の中をウオーキングできたらなあ。 』  『 車の排気ガスから解放され、緑の中を、交通事故の心配もなく、のんびり、ゆったり、しかも歴史的な建物を見ながら歩くことができたらあ。』
 早朝のジョギングやウオーキング愛好家からは、入場料を取ってほしくないが、9時から夕方5時、夏場は19時までは、皇居(天皇制を廃止したら、当然名称が変わるが)管理費・維持費として、入場料を取ってもよいだろう。建物は博物館・資料館として、入館料を取ってもよい。皇居にはお宝がいっぱい! 
 
 僕の試算では、年間の入場者は外国人観光客も含めて、2~300万人ぐらいになるだろう。初年度は珍しさもあり、1000万人を超えるかもしれない。入場料500円、入館料1500円とすれば、40~60億円の収入となる。
 以外に収入は低いように思われるが、宮内庁廃止・皇居警察廃止に伴う人件費不要、さらには天皇家への国費投入・国内国外視察や慰問費用もいらなくなく、警備費用も不要になる。
 天皇制廃止に伴う国税の節約は、恐らく数百億円にのぼると思われる。その上の入場料収入だ。管理・維持費・人件費全てを賄い、さらに剰余金を国庫に戻せば、経済的効果は大きい。
 大勢の観光客が来ると言うことは、ホテル・レストラン・輸送業界・土産物その他関連業界に大きな経済的波及効果をもたらす。
 大地震などの避難所・避難先としての有効利用も考えられる。
⑤ 天皇の政治利用が無くなる
 日本の歴史は天皇が直接国を支配していた時期を除き、官位や権威を与えるものとして、天皇制が存続してきた。
 象徴天皇制となった今日でも、時の政権が政治利用するときが時々ある。その最悪が、安倍政権による「主権回復の日」への天皇出席要請だ。
 2013年4月28日、安倍政権は、1952年サンフランシスコ講和条約で日本が占領から独立したと、「主権回復の日」式典を政府主催で行った。
 この4月28日は、沖縄では「屈辱の日」である。昭和天皇がマッカーサーに沖縄を自由に使ってくれと話し、米軍支配(軍政)を法的に裏付けたのが、サンフランシスコ条約である。
 沖縄・奄美・小笠原が本土から切り離され、アメリカが統治することとなった。奄美・小笠原はその後日本に返還されたが、沖縄だけが1972年本土に復帰するまで異民族支配が続き、基地が拡張され、米兵の犯罪に沖縄の人々は苦しめられた。
 沖縄の人々にとり許せないのは、本土に復帰しても何も変わらない・支配が米軍から日本政府に変わっただけの実態である。
 この屈辱の日に、安倍政権は式典に彩を添えるため、天皇・皇后の出席を求め、式典終了後、天皇が退席する際、「天皇陛下万歳」の声が会場に響いた。
 僕はこの様子をテレビのニュースを見て、吐き気を催した。恐怖感に襲われた。恐らく天皇自身も困惑しただろう。「迷惑!」と思ったと想像する。
 天皇制を廃止すれば、一切こうしたことは無くなる!

« 天皇について その1 | トップページ | 天皇について  その3 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

長々と、不敬且つ、左翼特有の「決めつけ」、さらには日本の歴史や、日本人の精神の不理解を露呈した、下品極まりないブログを読ませていただきました。貴方のような人に対しても、天皇陛下は、皆平等に安寧を祈っておられるんですよ。天皇陛下のおわす日本に生まれて、本当に良かったと、改めて思いました。

「天皇家が普通の家になったら」終戦直後に没収した皇室財産を全てご返却致しませんとね。何十兆円になるかしら。その間の遺失利益も問題になるな。
んで、そうなると共和国になるよね、ご希望通り^^;; 次は共産国家だね。あと一歩!
そんで例えば今だと、安倍大統領って事になるけど良いの?強権を振り回されない?憲法で民主主義を規定しているのに、民主主義を否定する共産党があるのは立憲主義に反しているって言われちゃうよ。まあ正しいんだけどさ、大丈夫?
「昭和天皇がマッカーサーに沖縄を自由に使ってくれと話し」よくまあこう言う嘘を言えるね。連合軍をバックに日本で最高の権力者たるマッカーサーはそんな事を言われなくても出来るの。トルーマンはその上だから、もっと日本を自由に出来たし。なんとしても天皇を悪者にしたいんだね。
「天皇陛下万歳」の声は毎年1月2日も皇居で響いてるよ。陛下は手を振っておられますな。TVで見た事ない?お出ましになられれば何処でもじゃないの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64051674

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇について その2:

« 天皇について その1 | トップページ | 天皇について  その3 »