2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 福島スタディツアーレポート 4 浪江町の人々その4 | トップページ | 福島スタディツアーレポート 6 飯館村の長谷川健一さん続き »

2016年9月27日 (火)

福島スタディツアーのレポート 5 飯館村の長谷川健一さん

 18日午前は、飯館村を長谷川健一さんの案内で見学した。長谷川さんには、4年前の1月に、浜岡原発を考える袋井の会を立ち上げた際、記念講演をしていただき、さらにその年の秋、袋井の会が実施したツアーで飯館村を案内していただいた。
 2年前のツアーでも案内してもらい、これで3度目の案内となる。昨年磐田市での講演会でもお会いしている。フェイスブックでもつながっているので、なじみの人である。
Img_5900
 9時、飯館村役場で。
Img_5901
 地蔵の頭をなでると、村民歌が流れる仕組みになっている。皆で、歌を聞いた。一緒に歌っている人もいた。河合弘之弁護士は、この歌を今年2月袋井市での講演会で高らかに歌ってくれた。苦労して豊かで美しい村を作り上げ、その自分たちの村をたたえる歌詞を聞いていると、原発災害で全村避難している現実とのギャップが悲しい。
Img_5902
Img_5903
 バスで村内を見学。
Img_5906
 長谷川健一さんは、村内あらゆるところに積まれている除染した土や草木のフレコンバックの山を 見せてくれた。
Img_5911
Img_5909
Img_5913
 この日は日曜日だったので、除染作業が行なわれていなかった。平日なら、すごい数のダンプカーが村内を行き来する。
Img_5904
 5センチの表土をたんぼから剥ぎ取り、山からとった汚染されていない土をかぶせる、これが農地の除染作業だ。上の写真は土を取る山。
Img_5914
 表土5センチの土を入れ替えただけで、農業ができるのか? 飯館村の村長は一部の高濃度に汚染された地区を除き、来年3月に帰還宣言を目指している。
 果たして何人戻るのか? 優良農地に積まれたフレコンバックはいつ撤去されるのか?農業用水は大丈夫なのか?山の除染は道路から20メートルだけなされただけ。政府は山の除染は不可能 と、今後も手を付けない。
 長谷川さんは、若いものは戻らないだろうと言う。彼の長男は福島市に家を建て、酪農を営んでいる。次男は伊達市に住み、村役場に通っている。
 村の前途は多難。2時間の案内で彼に尋ねたいこと・説明してほしいことがいっぱいあったが 、村が抱える問題点の一部を、長谷川さんのお話を 思い出しながらレポートしたい。
・大量のフレコンバックは今は仮置き場や仮仮置き場に置かれている。村には今年7月で180万個。今は200万個置かれている。
 大熊・双葉町に運び込まれているのは、福島市や郡山市など都会のフレコンが優先されている。学校のも。
 大熊・双葉の用地取得が難航しており、飯館村のフレコンが全て撤去される見通しは無い。このままだと10年後には250万個になるだろう。
 草木を入れた袋は軽いので、大雨が降った際、たくさん流された。土を入れた袋で草が生えているのもある。(実際僕たちは目撃した)
・放射線量。自宅は0,8マイクロシーベルト。裏山は、3,5と高い。 前田区公民館は0,43マイクロシーベルト。
・前田区は徹底した除染を求めたら、一番後回しにされた。
・東電の説明会は不誠実 。村民は疲れている。あきらめムードになっている。村は村長の言いなりになっている。
・原子力損害賠償紛争解決センター(ADR)に、3000人の村民で申し立てを行っているが、村長は村民の側に立たず、東電側に立っている。まだ和解案は出ていない。活動資金が底をついているので、出来れば資金面での支援をお願いしたい。
 飯館村を離れてから、参加者からカンパを集めようと声が上がり、バスの中で25,000円が集まった。 昨日(26日)、「原発被害糾弾飯館村民救済申立団 」の講座に振り込んだ。
* 今日午後から袋井市当局に広域避難計画に関わる要望及び質問書を出すので、この続きは明日。

« 福島スタディツアーレポート 4 浪江町の人々その4 | トップページ | 福島スタディツアーレポート 6 飯館村の長谷川健一さん続き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64264904

この記事へのトラックバック一覧です: 福島スタディツアーのレポート 5 飯館村の長谷川健一さん:

« 福島スタディツアーレポート 4 浪江町の人々その4 | トップページ | 福島スタディツアーレポート 6 飯館村の長谷川健一さん続き »