2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« つぶやき | トップページ | 飯舘村写真展 »

2016年10月23日 (日)

朝日新聞に投稿した内容が掲載された

Img_6143
 10月13日付けの朝日新聞全国版に、上記の投稿が掲載された。日本軍の性の奴隷にされたハルモニ(おばあちゃん)たちに関し、昨年12月末の日韓合意を受け、投書したのは3回目。
 1回目は今年1月。

新聞投稿

 慰安婦問題が年末に日韓政治決着した。しかしそれは政府間の妥結に過ぎない。韓国内からは日本の法的責任を明確にすべきとの声が、日本側からは日本大使館前の慰安婦少女像移転がなければ、10億円を出すなとの声もでている。

 私は元慰安婦の方が暮らす「ナヌムの家」を2度訪問したことがある。美空ひばりが好きだと言うおばあちゃんと仲良くなり、一緒に歌を歌ったり、2度目の訪問の時は居室に招かれて昼食をごちそうになった。

 昨年ソウルの少女像を見学に行き、抗議活動をしている韓国の若者と一緒に、1時間像のそばに立った。

 日韓両政府の合意は問題があるにせよ、もうこれ以上の進展は期待できない。今回の合意を誠実に履行して、元慰安婦の方や支援団体の理解を得るのが現実的だと考える。

 政府は像の移転に関わらず、10億円を拠出し、安倍首相の手紙を添えて政府のしかるべき人が、心身に傷を負った方々を訪問すべきだ。

 相手の心に響く言葉と行動で、加害者側が誠意を示すべきだと思う。

 

 

 掲載してくれなかった。文章を修正し、毎日新聞にも投稿したが、ボツだった。
 2回目は、韓国から戻った9月、安倍首相にお詫びの手紙を書いてほしいとの投書を朝日新聞東京本社に送った。

元慰安婦へ安倍首相からの手紙を求める

 

 韓国政府が、日韓合意に基ずく日本政府からの基金10億円で立ち上げた癒し財団から、元慰安婦にされた方々に医療や福祉など生活支援金を渡す際、安倍首相の手紙を添えたいと日本政府に要望していることを知りました。

 首相が心のこもった手紙を書いてほしいと心から願います。私はこの夏3回目のナヌムの家訪問で、90歳前後の元慰安婦3人と面会してきました。1,2回の訪問でお会いし仲良くなったペ・チョンヒさんはすでに亡くなられており、墓参りをさせていただきましたが、元慰安婦の方はどんどん高齢化しています。

 生きている間に、大変なご苦労をおかけしたお詫びの気持ちを、是非首相から手紙で表してください。

 3人とお別れするとき一人の方が、「また来てくださいね」と言ってくれました。私は来年この方たちと再会するため、ナヌムの家を訪れる予定ですが、国を代表する首相からの手紙が被害者の心を慰めることにつながると思います。

 

 しかしこれも不採用。
 10月に入り、 再度同様な内容だが字数を増やし、下記の文章を投稿した。

投稿 元慰安婦問題の解決に関して

 

 韓国政府が安倍首相に元慰安婦(正確な表現は日本軍の性奴隷)への「おわびの手紙」を要請したが、3日の国会で首相は、「毛頭考えていない」と答弁した。昨年12月の日韓合意に首相の手紙といった措置が明記されていないのは事実であるが、「韓国政府と被害女性に冷たい」首相の答弁に、心が痛む。

 同時に、野党も含め日本の政治家や文化人、マスコミからも、「10億円の金を出しただけでは解決にならない。首相のおわびの手紙を出すことが被害者の心をやわらげ、ひいては日韓合意に反対する韓国の人々の反発を軽減する。」との声が全く出てこないのに、日本人の冷たさを感じている。

 私は被害にあわれた女性たちが暮らす「ナヌムの家」を3回訪問したことがある。すでに平均年齢は90歳。1,2回めの訪問で親しくなった女性は、この夏訪問した時には死亡されていた。存命中に被害者にお詫びしなければ、被害者が受けた苦痛・悲しみ・怒りをやわらげることにはならない。

 この夏初めてお会いしたナヌムの家で暮らす老婦人と別れる際、「また来てくださいね」と日本語で声をかけられた。訪問することが少しでも心の癒しにつながるのなら、来年また訪問してハルモニ(おばあちゃん)たちに再会したいと思っている。

 韓国政府の立場にも配慮し、安倍首相に心のこもった「おわびの手紙」を書くことを求める。

 

 うれしいことに担当の記者から電話があり、掲載したいとの連絡があった。

 13日に掲載する。ただし文面は少しこちらで修正したいがよいかとの電話だった。僕の訴えの趣旨が多くの人に届くことが大切なので、「いいです」と答えて、無事掲載される運びになった次第である。

 

« つぶやき | トップページ | 飯舘村写真展 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64386325

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞に投稿した内容が掲載された:

« つぶやき | トップページ | 飯舘村写真展 »