2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 韓国朴クネ大統領の悲劇 | トップページ | 自衛隊駆けつけ警護付与 政府の狙い »

2016年11月15日 (火)

僕はトランプの当選はあり得ないと思っていた 分かってきたトランプの当選理由

 正直、クリントンさんが勝つと思っていた。トランプの度し難い差別発言(女性・イスラム教徒・メキシコ人・セイテキマイノリティなどへの)や、外交無知、日本や韓国の核武装容認発言、移民排斥など、さらには品格のない言動で、絶対彼の当選はあり得ないと信じていた。
 別にクリントンさんを指示するわけではないが、相対的によりましな候補として、アメリカ国民は最終的にはクリントンさんを選ぶだろうと思っていた。アメリカの報道機関の世論調査でも、僅差でクリントンさんが勝つとの結果が出ていた。
 結果は青天の霹靂だが、この結果を予測する人がいた。マイケル・ムーア監督である。鉄鋼や自動車産業が廃れたラストベルト地域の白人の多数が、トランプに投票すると彼は予想していた。
 選挙結果はまさにその通りになった。貧富の格差、没落する中間層の白人の問題は多少は知っているつもりだったが、彼らの不満や怒りがこれほどまでとは全く考えていなかった。
 品格がなくても、差別主義者であっても、大金持ちであっても、自分たちが日頃思っていることを実現してくれる(僕はそれは幻想だと思うが)可能性のあるトランプを選んだ。
 投票総数ではクリントンさんのほうが多いから、アメリカ国民の過半数が移民排斥者・差別主義者・自己中心主義者ではないが、かなり多数の人がそうした価値観を持っていることが判明した。
 この影響はヨーロッパ・アジア・世界に広がるから、恐ろしい。差別や偏見をあおる・外国や外国人に強い姿勢で臨むリーダーが、大衆の支持を受ける。
 トランプが演説で繰り返した言葉「we make amerika great again.」(偉大なアメリカを作る)に酔いしれた大衆個々人は、弱いがゆえに、強い何者かにすがる。強い国家に自分を重ね合わせて、自分も強くなったと錯覚する。
 民主主義が正常に機能するには、成熟した有権者(高い政治意識・判断力をもった大衆の存在)が必要だが、日本に比べて民主主義が成熟していると思われていたアメリカが実はそうでなかった。
 

« 韓国朴クネ大統領の悲劇 | トップページ | 自衛隊駆けつけ警護付与 政府の狙い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

品格があって、差別主義者でもなくて、大金持ちでなければ、自分たちが日頃思っていることを実現してくれるのだろうか?僕はそれは幻想だと思うぞ。
「この影響はヨーロッパ・アジア・世界に広がるから、恐ろしい。」違うんじゃない?差別や偏見をあおる・外国や外国人に強い姿勢で臨むリーダーならロシアやシナや中近東に既に沢山いるのに知らないの?大衆の支持を受けていない習近平とかもいるけどさ。
「 民主主義が正常に機能するには、成熟した有権者(高い政治意識・判断力をもった大衆の存在)が必要だが」随分と上から目線じゃないのさ。有権者の判断で政権交代が行われたんだから、それは正常に機能していると言えるんじゃないの?そんなことが出来ない共産主義国家より遥かにマシですな。
「日本に比べて民主主義が成熟していると思われていたアメリカが実はそうでなかった。」つまり日本の方が民主主義は成熟しているって事だよね。民進党も共産党も政権が取れない理由はそこにありそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64496885

この記事へのトラックバック一覧です: 僕はトランプの当選はあり得ないと思っていた 分かってきたトランプの当選理由:

« 韓国朴クネ大統領の悲劇 | トップページ | 自衛隊駆けつけ警護付与 政府の狙い »