2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 原発の再稼働をストップさせるために  県ネット全県交流会報告 | トップページ | 浜岡原発の再稼働をストップさせるための戦略 続き »

2016年11月 9日 (水)

浜岡原発を再稼働させないための戦略(方法・手段)

 昨日県ネット全県交流会報告をしたが、その項目の中で先送りになった「再稼働の是非を問う県民意識調査」を求める要望書(案)は下記の通り。

                               2016年  月  日

静岡県知事川勝平太様

                     浜岡原発の再稼働を許さない静岡県ネートワーク

 

浜岡原発再稼働の是非を問う県民意識調査の実施を求める要望書

 

 中部電力浜岡原発の地元同意を迫られる時期は未定ですが、来年度後半にも再稼働の動きがあるかもしれません。

 県知事川勝平太殿はこれまでの記者会見で、再稼働の是非を判断する際、住民投票(県民投票)の必要性を語られていました。

 全ての有権者の意識を調査するに住民投票は確かに有効な手段ですが、県議会の壁があります。10億円前後の経費も掛かります。

 私たちは県知事のリーダーシップで実施可能な『浜岡原発再稼働の是非を問う県民意識調査』の実施を要望します。実施時期は来年度を希望します。

 浜岡再稼働の是非=地元同意か不同意は、多角的な面から判断する必要性があります。UPZ圏内自治体の判断も重要です。再稼働認めないで署名も県民の声・意見として大きな重みがあります。

 県民意識調査も最終的に県知事が判断するうえで、重要な要素だと考えます。県民に寄り添う県知事として、県民の意識を調査することは大切ではないでしょうか。

 なお調査項目や質問は、簡潔明瞭に「浜岡原発の再稼働に賛成ですか、反対ですか、その理由を書いてください(理由の選択肢に○を付ける方法もあり)」に絞ることを希望します。

 この要望書は、私たち「浜岡原発の再稼働を許さない静岡県ネットワーク」が中心となり、下記の賛同団体の連名で提出します。

 なおこの要望書へのご回答は、来年3月までにお願いします。もし可能でしたら、県知事が直接私たちに会ってご回答くださることを希望します。

 

 

 原案は僕が作成し、県ネット世話人会で検討修正し、22日の全県交流会に出したものだ。僕は川勝県知事が乗ってくると確信している。

 彼は10月定例記者会見で、「来年7月の知事選では、原発再稼働の問題を争点の一つにすべきだ」と発言している。

 争点隠しが多い中で、原発を争点の一つに据えるべきだとの認識は評価できる。(他の問題では、色々問題がある知事ではあるが。。。。。。。。。。)

 これまでの発言でも、再稼働には否定的だ。県民世論が再稼働に否定的なのを意識しての発言だと思われる。

 対象人数を2000人とするのか1万人、あるいはそれ以上にするかは、県知事が決めること。議会は住民投票には反対するだろうが、意識調査なら反対はしないだろう。

 交流会で否定的な意見を述べた人たちを粘り強く説得して、来年2月の交流会で賛同を得られるよう努力したい。

 この住民意識調査の狙いは、単に知事選がらみでなく、もう一つある。重要なことは県民が決める・県民の意向に反する決定をさせない・県民も県政の重要問題に関心を持ち自分で考え判断するーこれは民主主義の基本であるーいわば民主主義を定着させる狙いだ。

 

« 原発の再稼働をストップさせるために  県ネット全県交流会報告 | トップページ | 浜岡原発の再稼働をストップさせるための戦略 続き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64464703

この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡原発を再稼働させないための戦略(方法・手段):

« 原発の再稼働をストップさせるために  県ネット全県交流会報告 | トップページ | 浜岡原発の再稼働をストップさせるための戦略 続き »