2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« トランプ大統領の演説 | トップページ | デイズジャパン購読の勧め 続き »

2017年1月23日 (月)

デイヅジャパン購読の勧め

 写真誌・デイヅジャパンを創刊時から定期購読している。世界の動き、特に中東やアフリカにおける紛争や戦争の実態、日本の問題では原発・沖縄・戦争法・在日米軍・自衛隊・環境問題・自然など、素晴らしい写真や生々しい写真と共に情報を提供してくれている。
 是非多くの人に、定期購読をお勧めしたい。そこで、一昨日届いたばかりの2月号で注目した内容を紹介したい。
 日本とウラン鉱山 1 広島型原爆の材料はどこから来たのか?   ここでは、アメリカが開発し広島に落とした原爆の材料は、カナダの先住民たちが暮らす地域のウラン鉱山から掘り出されたことを紹介している。
 カナダのノースウエスト準州に位置するポート・ラジウムの先住民・デネ族は、原爆用のウラン採掘作業で被曝し、がん等で多くの人が命を落としたが、自分たちの土地で採掘したものが結果として十数万人もの命を奪ったと、1998年広島を訪れ、過去を謝罪したそうだ。
 2 原発の材料はどこから来るの? ニジェールのウラン鉱山
  ここはフランス最大の原子力企業アレバの鉱山がある。1971年から開発され、その結果ウラン鉱山から出る放射性物質による汚染が進んでいる。
 その地域の家畜のみならず、住民にも痛ましい被害が続いている。しかし、フランス人のほとんどは、自分たちの電気を生み出すウランがどこから来るのか知らない。
 福島原発事故の影響で、世界のウラン開発のスピードが止まっているが、日本が再稼働をどんどん進めれば、世界のウラン採掘に拍車がかかる。その結果、核汚染が進み、その地域の住民の命と健康が脅かされる。
 僕たちは反核・反原発を目指しているが、ウラン採掘現場まで意識が届いていないことを反省させられる記事である。
 デイヅジャパンの1年間の定期購読料は、税込送料込みで、7,700円。問い合わせは、
電話 03-3322-0233. メール info@daysjapan.net
 

« トランプ大統領の演説 | トップページ | デイズジャパン購読の勧め 続き »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64798978

この記事へのトラックバック一覧です: デイヅジャパン購読の勧め:

« トランプ大統領の演説 | トップページ | デイズジャパン購読の勧め 続き »