2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« やっと掲載された投書 | トップページ | 夏目漱石 »

2017年1月15日 (日)

アメリカ次期大統領トランプについて

 20日に正式に就任するトランプに関して、マスコミ報道が過熱している。経済界もトランプのツイッターに過剰反応現象が起きている。
 小池都知事報道の過熱ぶりと並んで、正直うんざりである。自国の企業が安い労働力を求めて海外に移転するのは、アメリカを中心とする新自由主義経済の結果であって、個別の企業を攻撃して海外移転を阻止しても、根本的な解決にはならないだろう。
 グローバル化した資本主義そのものにメスを入れない限り、矛盾は解消できない。弱肉強食、富めるものがますます富む社会の在り方に切り込まない限り、ラストベルト地帯の労働者に光が当たることはないだろう。
 一次的にトランプ現象でうまくいくかもしれないが、1年もすれば破たんするとみている。冷静に様子を見るのが一番賢明だ。

« やっと掲載された投書 | トップページ | 夏目漱石 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64766736

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ次期大統領トランプについて:

« やっと掲載された投書 | トップページ | 夏目漱石 »