2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 戦争の傷  アメリカフロリダ州でのイラク帰還兵の銃乱射事件 | トップページ | やっと掲載された投書 »

2017年1月11日 (水)

心痛める日韓関係悪化  軍慰安婦を象徴する少女像設置問題に思う

 プサン総領事館前に設置された少女像に抗議して、日本側が大使やプサン総領事の一時帰国など、一連の対抗措置を実施した。
 これに対し、韓国では反発が広がっている。日本のテレビでは連日この問題を取り上げ、悪いのは「日韓合意」を履行しない韓国側とのイメージを視聴者に与える報道をしている。おそらく韓国のテレビや新聞は、全く逆の立場から、国民感情に訴える報道をしているだろう。
 このままでは双方の国民感情が悪化するだけだ。隣国との友好・親善を願っているものとして、心を痛めている。
 ことの本質は、日本軍の性の奴隷として人権・青春・尊厳を奪われた女性たちに、どのように償うのかだ。
 10億円を出したから、もうこの問題は解決済みではない。政府を含め加害者側である日本人が、深い傷を負った女性たちを思いやる心がなければ、本当の解決にはならない。韓国の人々の怒りをやわらげることはできない。
 僕は昨年この問題で、「安倍首相のおわびの手紙をだすべきだ」との投書をし、朝日新聞に掲載された。しかし日本政府は冷淡だった。
 心のこもらないお金をもらっても、被害者の傷が癒されることはない。
 しかし被害者は高齢化し、生きている間に償いとしての生活支援金を渡さなければ、亡くなってからでは意味がない。韓国政府が「日韓合意」したのは、このためであった。
 朴槿恵大統領が弾劾裁判でその地位を奪われようとしている状況で、今、韓国政府はこの問題で苦境に立たされている。野党は勢いづき、ますます問題を複雑にしている。
 少女像の政治問題化は、当事者つまり性の奴隷とされた女性たちを、さらに苦しめていると思う。すでに生活支援金を受け取る意思を固めた方たちも、心理的に苦しい状況に追いやられていると想像する。
 日韓双方にとり、騒げば騒ぐほど、当事者を苦しめるだけだ。
 少女像そのものは、一種の芸術作品であり、人に不快な感情を与えるものでない。僕は日本大使館前に設置された少女像を、1昨年、昨年と2回見学したことがある。とても可愛い像であり、この像が日本大使館の威厳を傷つけているとは思われない。全州市でもこの像が設置されていた。
 韓国の市民団体が各地にこの像を設置するのは、「忘れない」ためだと思う。歴史の事実は消すことができない。
 像の撤去を迫るのは、相手国の人々に、「歴史の事実を消せ」と主張していると受け取られる。
 日本側の過剰な反応を控えることを望む。
Img_2468
 

« 戦争の傷  アメリカフロリダ州でのイラク帰還兵の銃乱射事件 | トップページ | やっと掲載された投書 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

韓国人が勇気を出して真実を語るとき、日韓友好が開始されると思います。言葉が苦手な方は、日本併合下で日本に出稼ぎにきても苦労されたようです。一方で、日本にうまく溶け込めたかた、日本人と結婚した方も多く、戦前はひどい話ばかりではないようですよ。戦勝国アメリカが李承晩を大統領にし、反日憲法をつくったこと、親日派を弾圧したこと、、、、その一方で、韓国人を戦勝国民とはけっしてアメリカが認めなかったこと、要は当時のアメリカの御都合が大きく反映されたのです。そのあと、日米は関係を改善したわけですが、韓国は、そのまま。朝鮮動乱以降、韓国への全面的経済支援を日本はしてきましたが、韓国の教育が修正されることはいまのところないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/64748611

この記事へのトラックバック一覧です: 心痛める日韓関係悪化  軍慰安婦を象徴する少女像設置問題に思う:

« 戦争の傷  アメリカフロリダ州でのイラク帰還兵の銃乱射事件 | トップページ | やっと掲載された投書 »