2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沖縄辺野古・高江最新情報 その5 キャンプシュワーブゲート前 | トップページ | 沖縄辺野古・高江最新情報 その7 翁長知事の決断を求める沖縄の人々 今日24日差し止め提訴 »

2017年7月23日 (日)

沖縄辺野古・高江最新情報 その6 不屈

 『 勝つまで諦めない 』
 これが現地で座り込む人々の合言葉である。ゲート前に座り込み、工事車両と作業員を基地内に入れないようにいくら努力しても、警察機動隊のごぼう抜きで排除され、工事車両がどんどん中に入っていく。
 僕が座り込んだ時もそうだった。
Img_6791
Img_6792
 工事車両が入る時、防衛局が警察に事前に電話し、作業用ゲートの警備員(アルソック)にもその情報が伝えられる。ダンプカーなど作業車両が入る5分前ぐらいになると米軍基地内に待機している機動隊員がぞろぞろ出てきて、我々の前に立ち、前の人からごぼう抜きをする。
Img_6793
Img_6794
Img_6797
 ゲート前の人々を排除した後、工事車両がどんどん入っていく。
Img_6795
Img_6796
 ダンプには砕石が積まれている。日によって違うが、僕がいた時は多い日で170台。少ない時で、40数台。
 悔しい。排除された僕たちは、機動隊が作る”オリ”の中に入れられ、外に出ることができない。車列が長い時には、1時間以上も閉じ込められる。(中に入ったダンプが、出るまで待たされる)
 昨年現場のリーダー”山城博治”がいたころは、水曜日や土曜日大勢の人が集まり、一台も中に入れさせないときもあったが、最近では集まる人もそれほど多くはなく、ほぼ排除され、作業車の侵入を防ぐことができない。
Img_6825
Img_6827
  生コンもたくさん入る。護岸の周りに置く「テトラポット』制造のためと思われる。車両が入るたびに,『 工事が進む 』と悲しい思いと悔しい思いが交錯する。
 しかし、あきらめて誰一人ゲート前に立たなくなったら、どうなるだろうか?
 政府・米軍は大喜び。マスコミは、沖縄県民は基地建設を容認したと報道するだろう。あくまでも新基地建設を許さないと、抗議の声を上げる、座り込みは民主主義の一形態である。
Img_6811
 海上で頑張っているカヌー隊のメンバーも、同じ思いである。粘り強い抗議・監視が、連日沖縄では続いている。
Img_6833
 15日、辺野古ゲート前の看板。工事はおそらく10年近くかかるだろう。この数字は万を超える。
 不屈の闘いで、作業断念に追い込みたいのが皆の気持ちである。

« 沖縄辺野古・高江最新情報 その5 キャンプシュワーブゲート前 | トップページ | 沖縄辺野古・高江最新情報 その7 翁長知事の決断を求める沖縄の人々 今日24日差し止め提訴 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄辺野古・高江最新情報 その6 不屈:

« 沖縄辺野古・高江最新情報 その5 キャンプシュワーブゲート前 | トップページ | 沖縄辺野古・高江最新情報 その7 翁長知事の決断を求める沖縄の人々 今日24日差し止め提訴 »