2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 衆議院解散総選挙は党利党略許されない暴挙 | トップページ | 沖縄の心こそーー沖縄の歴史と現実 友寄隆静さん講演会 »

2017年9月23日 (土)

高齢者の定義見直しを求める

 18日の「敬老の日」に合わせ、総務省が『 65歳以上の高齢者人口は、3,514万人 』と発表した。
 総人口に占める割合が、27,7%。 2040年には、35,3%になるとの見通し。
 寿命が延び、少子化社会にあって、この数字は当然。驚くに当たらない。問題は、65歳以上を高齢者にしている統計の取り方と、高齢者の定義を何歳からにするかだ。
 僕は今年70歳。僕の周りの人を含め、「自分は高齢者」と思っていない。皆元気に、色々な活動やら仕事をしている。
 「高齢者」などとひとくくりにされるのは、まっぴらごめんだ。
 年金や介護、医療の分野では、「高齢者」線引きは重要だ。その分野での年齢の線引きと、社会的な高齢者というイメージの微妙な違いや当事者の認識を、分けて考えたらどうだろうか。
 社会保障にかかわる線引きは、軽々しく言えないので、ここでは社会的なイメージとしての高齢者の定義(年齢の線引き)を問題にしている。
 家族や社会が「この人は高齢者だから、配慮する必要がある」と認識する線引きは、その対象が何らかの見守りやサポートが必要になる時期でよいと思う。
 それは個人差があり、80歳以上でも配慮が不要の人もいるが、男性の平均寿命が80歳であることを考慮すると、75歳以上を「高齢者」と定義したらどうだろうか。
 「敬老の日」に、高齢者として行政からお祝いしてもらう年齢が、年々上がっている。僕が住む町内では、77歳以上がその対象となった。
 65歳から75歳までの人間を、高齢者とひとくくりせず、社会に貢献する重要な年齢層として、新しい表現(ネーミング)を考えることを提唱したい。

« 衆議院解散総選挙は党利党略許されない暴挙 | トップページ | 沖縄の心こそーー沖縄の歴史と現実 友寄隆静さん講演会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者の定義見直しを求める:

« 衆議院解散総選挙は党利党略許されない暴挙 | トップページ | 沖縄の心こそーー沖縄の歴史と現実 友寄隆静さん講演会 »