2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 総務委員会視察研修 山形県川西町 | トップページ | 総務委員会視察研修 茨城県守谷市 »

2017年10月29日 (日)

総務委員会視察研修2日目 常陸太田市

 26日は常陸太田市役所を訪問し、地域公共交通の再編について、説明を受けた。
ここでも市が公共交通に負担している額が年々増加し、27年度は1億4621万円出している。
 そこでスクールバスや市民バス、患者輸送バスを全て民間の路線バスに統合した結果、経費がわずかだが削減できた。
 路線バスが通らない空白地域の高倉地区では、自治会のボランティア9名による有償運送を行っている。車は5人乗りワゴン車。運賃は300円。毎週火曜日のみ。エリアは水府地区内。1日の平均利用者数は、4.3人。
 今後の課題は市中心部への運行。タクシー業者との調整と、ボランティア運転手の確保が必要となる。
 この課題は袋井市で2つの地区自治会がやっている市民協働バス(ワゴン車)と重なる。
 

« 総務委員会視察研修 山形県川西町 | トップページ | 総務委員会視察研修 茨城県守谷市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/65977978

この記事へのトラックバック一覧です: 総務委員会視察研修2日目 常陸太田市:

« 総務委員会視察研修 山形県川西町 | トップページ | 総務委員会視察研修 茨城県守谷市 »