2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沖縄独立論とカタルーニャ州の独立を求める投票について | トップページ | 衆議院解散・総選挙 沖縄で感じたこと その2 »

2017年10月 9日 (月)

衆議院解散総選挙と沖縄 現地で感じたこと その1

 10月3日から7日まで、沖縄辺野古に行ってきた。本当はもっと長く滞在し、座り込みやカヌーに乗って、新基地建設反対の運動に参加したいのだが、議員になってから日程のやりくりが難しくなり、短い参加となったのが残念である。
 大義なき衆議院解散・選挙で、沖縄でも短期間で準備を強いられ大変な状況であるが、現地で語られた声を、まず伝えたい。
 6日、7日に前衆議院議員の玉城デニーさん、赤嶺政賢さん、照屋かんとくさんのお話を直接聞く機会があった。また名護市長稲嶺進さんの挨拶は2回聞く機会があった。さらに辺野古の現場で頑張っている全ての人に共通する認識・考えは、以下の通り。
 
 『 本土では基地問題は全く争点になっていないが、沖縄は違う。この選挙で改めて新基地建設NOの民意を示そう。
 選挙を住民投票ととらえて、安倍政権に明確に形として、数字で、辺野古埋め立て阻止・オスプレイ撤去の民意を表そう。
 この選挙は4区全てで勝利しなければならない。一つでも落とすことがあれば、安倍政権側からオール沖縄が崩れたと攻撃される。
 来年1月の名護市長選、来年秋の知事選に勝利するためにも、皆で力を合わせ、全力で取り組もう。 』
 沖縄では希望の党からの立候補者はゼロ。3年前の衆議院選と全く同じ。新基地容認の自民・公明の与党対、野党共闘の激突。
 本土とは状況が異なる。分かりやすい。僕の知っている沖縄の人々は全て基地建設反対だから、選挙では何も応援ができないが、祈るような気持ちで野党共闘4人の当選を見守りたい。
Img_7090
 
 

« 沖縄独立論とカタルーニャ州の独立を求める投票について | トップページ | 衆議院解散・総選挙 沖縄で感じたこと その2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院解散総選挙と沖縄 現地で感じたこと その1:

« 沖縄独立論とカタルーニャ州の独立を求める投票について | トップページ | 衆議院解散・総選挙 沖縄で感じたこと その2 »