2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 韓国・北朝鮮の和解・南北共催を妨害し、足を引っ張る日本政府 | トップページ | 核兵器禁止条約に日本が参加できるように努力したい »

2018年1月21日 (日)

インフルエンザと市政便り発行作業

 風邪ぎみになったのが、17日。翌日も体調が思わしくないので、医者に診てもらったら、インフルエンザと診断された。
 ここ2年程、風邪をひかなかったので、安心していたが、流行りのインフルエンザにつかまってしまった。
 医者からは、大勢の人が集まる所へは行かない様、注意を受けたので、出席すべき会合をキャンセルして、おとなしく自宅にこもっている。
 しかし市政便り第5号を支援者や友人に送る作業は、自宅でできるので、添える文章を作成したり、封筒に宛てなを書く作業を、難儀しながらもなんとかやり終え、今日は郵送で送る分を郵便局まで持って行った。
 下の文章は封筒に同封する添え分。

市政便り第5号をお届けします

 

 2018年度最初の市政便りをお届けします。今回は、政務活動費で処理できるように、私見をはさまない、純然たる議会報告です。

 

 公的な議会たよりは、スペースが小さく、私がどのような質問をしたのか、また当局がどのように答えたのか、十分にお伝え出来ないので、またこちらの質問の意図(目的)や、その後市当局がどのように対応してくれたのかについても、報告します。

 

 その後の市の対応が一番重要です。他の議員の質問に対してもそうですが、当局は当たり障りない答弁をして、結局何も事態が進まない場合が多いです。

 

 市長の答弁は、担当課の係長クラスが作成します。市長に直接答弁を求めているにもかかわらづ、担当が{忖度}して、当たり障りない答弁原案を作成し、それを課長・部長クラスが目を通し、最終的には幹部が集まる「庁議」で、最終確定します。

 

 役人にごまかされないよう、その後のアプローチが大切だと認識しています。僕としては、いったん適当な答弁があったとしても、その後粘り強い働きかけで、市民の皆様が望む市政実現に向けて、頑張る所存です。

 

 6月議会で再生可能エネルギーの普及=市の施設を貸し出し、市民が(時には事業者が)特に太陽光パネルを設置できるようにしてはとの質問をしましたが、その時は適当な答えでした。

 

 しかし、公的な場(議会)で取り上げる効果が出ています。新総合体育館建設に伴い、駐車場に面積が小さいですが、太陽光パネルを取り付けることが計画されています。

 

 また西公民館の建て替えに伴い、屋根に太陽光パネルを設置するプランも出ています(まだ正式決定ではありませんが。)18日、公民館館長にこのことで、浅羽の後藤さんが中心となっている「市民発電」の紹介をしてきました。市民共働課の考えでは、地元が望めば、市としても進めやすいとのこと。

 

 部活指導外部指導員の制度化については、教育長から前向きの答弁を引き出しました。先日教育長と会う機会があり、その後の進捗を聞いたのですが、文部省の予算化をにらみながら、外部指導員の位置付け(ガイドライン)を先進県や市町から情報を集め、今年は予算をつけるのが困難であるが、実施に向け、制度を整えたいと言っていました。

 

 お知らせに記しましたが、議会報告会が3回開催されます。各常任員会で取り組んでいる内容の報告と、市民の皆様の意見を聴くのが主な報告会ですが、高木議長が全ての会場に出席します。議員もたくさん出席します。

 

 議会報告会の最後に、テーマにかかわらづ市民の意見を聴く場があります。どうか、そこで、商工会議所の移転問題について、議長がどのように考えているのか、質問してください。議会の内部の情報ですが、大半が市長=商工会幹部の方針に賛成しています。

 

 2月議会で当局から、総合センターの42%買取に関わる予算案が出されないことが判明しました。しかし、どうなるかは良く分かりません。

 

 多くの市民がこの無謀な計画に疑問を持っていることを、突きつけてください。

 

 20181月  竹野昇

Img_7290

Img_7289

« 韓国・北朝鮮の和解・南北共催を妨害し、足を引っ張る日本政府 | トップページ | 核兵器禁止条約に日本が参加できるように努力したい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/66305283

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザと市政便り発行作業:

« 韓国・北朝鮮の和解・南北共催を妨害し、足を引っ張る日本政府 | トップページ | 核兵器禁止条約に日本が参加できるように努力したい »