2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 辺野古キャンプシュワーブゲート前での座り込み現況 2018年2月上旬 | トップページ | 3.11アクションの一環として、静岡県知事に出す要請書 »

2018年2月28日 (水)

お詫び

 2月11日から今日まで、ブログの更新ができず、読んでいて下さる方にお詫び申し上げます。
 26日に2月議会が始まったが、その準備や県ネットの全県交流会・311アクションに向けてのいくつかの文章作りなど、やるべきことが多く、ブログに割く時間的ゆとりが取れませんでした。
 下の文章は、3.11アクションとして、3月9日、県政記者室で記者会見する際の県ネットとしての声明文です。

 声明  『福島原発事故から7年に際して』

                     浜岡原発の再稼働を許さない静岡県ネットワーク

 

 まもなく東京電力福島第一原発事故から7年になります。東日本大震災による被害は甚大でしたが、津波・地震による被災地からは復興の一見明るいニュースが流れてきます。

 しかし、原発事故による被災地は状況が異なります。損傷した原子炉の近くに人間が1時間もいると致死量の放射線を浴び、事故原因の究明と熔け落ちた核燃料がどこにあるかも特定できていません。

 汚染水は増え続け、完全に放射性物質を除去するのは不可能であり、この対策は絶望的な状況です。

 政府は自主避難者への住宅支援を打ち切り、強引に帰還政策を進めていますが、避難指示が解除された9市町村約49000人の内、実際に故郷の我が家に戻ったのはほとんどが高齢者であり、わずか14.8 7300人にすぎません。

 自主避難者も含めて未だに5万人を超える人々が、放射能汚染の心配、生活基盤が整っていない、仕事が無いなどの理由で、自宅に戻れないでいます。

 政府・福島県当局は因果関係を認めていませんが、福島の子どもたちの甲状腺がん患者は、194人に達しています。今後さらに増える心配もあります。

 福島の人々の苦難・悲しみ・怒りは、決して他人事ではありません。浜岡原発を抱える静岡県に住む私たちも原発事故が起きれば、明日は我が身です。浜岡原発災害は、絶対に起こしてはなりません。

 原発事故は人災です。人災は、人間の英知で防ぐことが可能です。静岡県・首都圏・中京圏に住む多くの住民の命と健康、安心安全な生活、産業活動を守り、未来の世代に豊かな自然を残すために、新たな原発事故を起こさせないため、私たちは浜岡原発の再稼働を許さない活動に全力で取り組むことを宣言します。

 

                            2018年3月9日

 

参加・賛同団体は別紙

 

 

« 辺野古キャンプシュワーブゲート前での座り込み現況 2018年2月上旬 | トップページ | 3.11アクションの一環として、静岡県知事に出す要請書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/66445110

この記事へのトラックバック一覧です: お詫び:

« 辺野古キャンプシュワーブゲート前での座り込み現況 2018年2月上旬 | トップページ | 3.11アクションの一環として、静岡県知事に出す要請書 »