2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 3.11アクション in 静岡県 | トップページ | 山城博治さんへの不当判決に抗議する »

2018年3月11日 (日)

福島原発事故災害から7年に際しての思い

  報道機関も3.11関連の記事や報道が目立つ。9日、僕たち県ネットのアクションも10日に中日新聞が、今日は朝日新聞に報道されている。多分、他紙も取り上げてくれているだろう。
 妻の話では、知人がテレビで記者会見の様子を見たと言っていたとのこと。報道機関の役割は大きい。
 話題(ニュース)に取り上げるか、無視(黙殺)するかで、世論の形成が異なる。いい例が安倍政権の北朝鮮・中国脅威おあり作戦だ。
 テレビ新聞週刊誌その他あらゆるマスコミが、安倍自民党の主張を報道することで、脅威を国民に植え付けてきた。その結果としての自衛隊増強=軍拡を許す世論が形成されている。
 韓国ムンジェイン政権の北朝鮮太陽政策に対して、2月8日までは、日本のマスコミは冷ややかだった。
 ところがアメリカトランプ大統領が、首脳会談に応じると反応したとたん、報道内容が変わってきた。世論も微妙に変わるだろう。僕としてはこの流れは大歓迎だが、マスコミ首脳部の首尾一貫した姿勢(考え)がないのを嘆かざるを得ない。
 東日本大震災による爪痕は、まだまだ残り、その負の影響は続く。事故・被災の教訓から学び、同じ悲劇が再度起きないよう、努力したい。特に人災である原発事故は絶対に起きないよう、再稼働させない・永久停止・廃炉、そして脱原発を勝ち取るまで、粘り強い運動を展開したいとの決意を強くしている。
 写真は9日県庁でのアクションの様子。
Img_7462
Img_7471

« 3.11アクション in 静岡県 | トップページ | 山城博治さんへの不当判決に抗議する »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/66483176

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故災害から7年に際しての思い:

« 3.11アクション in 静岡県 | トップページ | 山城博治さんへの不当判決に抗議する »