2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ

2018年4月

2018年4月19日 (木)

辺野古の今 その2  2018年4月

 僕はカヌー隊のはしくれだが、技術は未熟。しかしウエットスーツは、結構いいものを持っている。
Img_7633
Img_7601
 カヌーでフロート近くまで行き、フロートにまたがった(中に入る意図・勇気はない)ところ、滑って海に落ちた。
 運悪くカヌー側でなく、海保のゴムボート側。彼らに引っ張り上げてもらって、ゴムボートに乗船。カヌーに戻してくれと頼んでも、戻してくれない。
 結局1時間ほど乗船させられて、浜近くで解放された。
10日、11日は天候の関係で、カヌーは海に出づ、ソポート船「不屈」に乗船して、抗議活動に参加。
 マイクで、護岸工事作業員や海保の若者、警戒船の漁民、マリンセキュリティーの警備員らに、次のようなアピールを行った。
 『 海を破壊する作業を止めてください。海が泣いています。沖縄の宝の海を破壊しないでください。
 この作業は違法工事です。県当局が認めていません。沖縄県民の7割以上が埋め立てに反対しています。先の参議院選、衆議院選、県知事選でも、沖縄の民意(新基地建設反対)ははっきりしています。
 あなたたちの作業は、沖縄の民意を踏みにじり、美ら海を破壊し、税金をアメリカ軍の基地建設に浪費しています。
 そのような作業・仕事を、誇りに思えますか?  家に帰って、奥さんやお子さんたち・祖父母に、「今日はこのような仕事をした」と胸を張って言えますか? 
 だれでも仕事に誇りがあります。しかしあなたたちの仕事は、誇れる仕事でしょうか?
社会のため、人々のために役立つ仕事でしょうか?
 砕石を海に投下するたびに、ブロックを海に投下するたびに、海が殺されていきます。そのような悲しい作業を止めてください。
 護岸が伸び、埋立が進んで喜ぶのは安倍首相とアメリカ海兵隊だけです。 万が一基地が完成したら、辺野古周辺の人々、名護市民、沖縄県北部の人々は、騒音と墜落の危険性にさらされます。
 沖縄県の負担軽減はウソです。普天間から北部に危険が移るだけです。しかも新基地は軍港が作られ、機能強化されます。
 決して沖縄を守るため、日本を守るためではありません。ここからアジア、中東、アフリカに出撃する基地となります。
 だから私たちカヌー隊とサポート船は、工事を止めてくださいと抗議しているのです。どうか、私たちの立場も理解してください。」

2018年4月15日 (日)

辺野古の今 その1   2018年4月

 4月7日、夜行バスで東京へ。8日8時台の飛行機で那覇へ。予定では辺野古に2時までに着き、高江に行くつもりだったが、飛行機の遅れと名護まで向かうレンタカーの車内で安全のため睡眠を十分とったので、辺野古に着いたのは午後4時。
 高江に行くのをあきらめ、辺野古浜の状況を見に行った。
Img_7580
 白いのが護岸。残念ながら1月に来た時よりも相当伸びている。
Img_7582
Img_7579
 上はテント内の新基地埋立予定護岸の地図。右下が辺野古側。 上が大浦湾側。
9日、10日、11日と海に出た。下の写真は、10日に船から撮影。
Img_7591
 緑の部分は辺野古崎。10日からここでも護岸作りのための砕石投下が始まった。赤い鉄塔のようなものはクレーン。砕石の投下は砂浜部分。
 Img_7592
 護岸が波に洗われない様、被覆ブロック(白いコンクリートブロック)を設置している。
Img_7593
Img_7594
 政府は6月中に護岸工事を完了させ、7月から埋立を本格化させると発表した。

2018年4月 7日 (土)

色々大変です

 3月28日から30日まで、福島県会津若松市にある大熊町の役場へ、原発災害に絡む視察研修で行ってきた。30日の帰路は郡山市にある復興公営住宅の自治会の人たちのお話を聞いてきた。
 明日からは沖縄辺野古へ。 さらに日常的に色々やるべきことがあり、ブログを書くゆとりがない。フェイスブックも投稿できていない。
 ブログを読んでくれている方には本当に申し訳ない。

« 2018年3月 | トップページ