2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 辺野古の今 その2  2018年4月 | トップページ | 福島の現実 大熊町会津若松出張所訪問レポート »

2018年4月25日 (水)

2018年福島スタディツアー企画

 今回で4回目の福島スタディツアーの企画となる。下記の2つの文章は今年の企画に必要な文書を作成したもの。

大熊町役場企画課 高田様

 

 8月29日大河原地区復興拠点訪問につき説明案内依頼

 

 浜岡原発から31キロ圏内の市民団体で構成している「UPZ市民団体交流会」主催の“福島スタディツアーを企画しています。

 別紙企画書に全体の行程がありますが、8月29日(水)午後3時半から約1時間、大河原地区復興拠点にて、復興計画の概要説明をお願いします。

 企画書に中間貯蔵地見学とありますが、ここは私たちが独自にバスで見えるところまで行き、単に車内から見学するつもりですが、近くに行くことが可能でしょうか?

 企画(訪問)の趣旨は、「福島の今を理解する」です。参加者は大体25名前後を予定しています。

 

 UPZ市民団体交流会 竹野昇

 

 

2018年8月28,29,30日福島スタディツアー企画書

 

28日(火)6:30 袋井市役所前出発 途中菊川・藤枝・焼津で参加者乗車

 

   15:30~17:00 二本松市にある浪江町役場訪問。あらかじめ出しておいた質問に答えてもらい、その後浪江町の復興計画とその進捗状況について説明してもらう。

 

            福島県男女共生センター拍(予定)

 

 夕食後、県議会議員から福島県全体の状況をお聞きする予定

 

 

 

29日(水) 9:00 飯館村長谷川健一さん宅訪問。その後長谷川さんの案内で村内の現況見学。 12:00~13:15 南相馬市の農家レストランで昼食。その会場で、桜井元南相馬市長のお話を伺う。

 

 13:45~ 浪江町の帰還困難区域を経て、浪江町復興拠点を町役場職員の案内で見学。請戸漁港も見学予定。

 

 15:30 大熊町大河原地区(大熊町の復興拠点)を町役場職員の案内で見学。中間貯蔵地も見学。

 

  19:00 夕食を食べながら参加者の交流会         いわき市新舞子ハイツ宿泊

 

30日(木) 9:00~10:15 浪江町の住民が住む復興公営住宅「県営宮沢団地自治会」を訪問し、お話を伺う。

 

  11:00~12:00 小名浜漁業協同組合訪問。漁民の状況、試験操業・魚の流通、今後の見通しなどを伺う。

 

  12:20 ララミュウで昼食・買い物・自由行動。

 

  13:30 出発

 

 20時ごろ帰着予定

 

 

 

バスは、吉田観光。27人乗りバス予約済み。 費用は4万円前後

 

 

 

« 辺野古の今 その2  2018年4月 | トップページ | 福島の現実 大熊町会津若松出張所訪問レポート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/66649081

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年福島スタディツアー企画:

« 辺野古の今 その2  2018年4月 | トップページ | 福島の現実 大熊町会津若松出張所訪問レポート »