2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 市政便り6号の原稿 続き | トップページ | 6月議会に合わせて、便りを書く »

2018年6月 3日 (日)

6月議会一般質問内容

明日4日、袋井市議会6月議会、本会議。1時までに一般質問通告書を提出しなければならない。以下は今作成したもの。
 明日質問希望者がくじを引いて、順番が決まる。2月議会は1番だった。

代表質問・一般質問 通告書

                                 
 

議席番号

 
 

5

 
 

質問者

 
 

竹野昇

 
 

平成  年  月  日 

 

午前・午後  時  分 受理

 
 

質問事項・要旨(具体的な質問事項) ≪    方式≫

 
 

答弁を

 

求める者

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

他人が戸籍・住民票を取得した際、本人にその事実を通知する制度を求める

 

 

 

 司法書士・弁護士・土地家屋調査士・行政書士などが、相続・登記・訴訟・債権回収などを理由に、市民の戸籍や住民票を取得した際、取得された本人にその事実を通知する制度は、個人情報を守るうえで重要である。結婚・就職などでの身元調査を上記の資格ある専門家に依頼し、不正に取得する例が全国で多々起きている。それを防止するために、日本全体では676自治体が本人通知制度を設けている。

 

 袋井市でもその制度を導入すべきだと思うが。

 

 

 

高齢者が運転免許証を自主返納して、足の確保のためシニアカーや三輪タイプの電動アシスト自転車を購入する際、助成金を支給できるよう求める

 

 

 

 高齢者ドライバーによる事故が多発している。家族が免許自主返納を勧めても、本人は車を手放すことが即不自由な生活になると、返納に踏み切れない。そこで車に代わる移動手段の確保に、本人・家族・社会の安全のため、公的な助成金支給が必要と思われる。来年度予算化できないか。

 

 

 

自転車・シニアカーなどエコな移動手段による街つくり

 

 

 

(1) 高齢化社会に対応した街つくり、コンパクトシティつくり、袋井駅北口商店街活性化のため、一定の年齢以上の市民が電動アシスト自転車(三輪タイプ含む)を取得する際、従来の1万円を上回る助成金支給ができないか。またシニアカー取得にも支給できないか。

 

(2) 安全な移動のため段差解消が不可欠である。現状を調査し、来年度段差解消のため予算化を検討できないか。これは足の不自由な方や車いす使用の方、ベビーカーにとっても必要不可欠と思うが、市の認識を問う。

 
 

市長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市長

 

 

上記のとおり通告します。

平成 30 年 6 月 4 日

代表質問・一般質問 通告書

                                 
 

議席番号

 
 

 
 

質問者

 
 

竹野昇

 
 

平成  年  月  日 

 

午前・午後  時  分 受理

 
 

質問事項・要旨(具体的な質問事項) ≪    方式≫

 
 

答弁を

 

求める者

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

市職員座席表に、嘱託や臨時職員の表記が必要か

 

 

 

 市役所1階のフロアを除き、各課の職員座席表に嘱託や臨時職員の表記があるが、市民にとりその表記は不要である。身分差別にもつながり、改めるべきだと考える。

 

 

 

(1)何故わざわざ嘱託や臨時職員と表記しているのか、その理由を問う。

 

(2)1階のフロアとの違いを説明してほしい。

 

(3)直ぐ改めるべきだと考えるが、市当局の考えを問う。

 

 

 

農地の適正な管理問題

 

 

 

 耕作放棄した農地が増え、雑草や灌木が繁り、景観上また近隣の農地への悪影響、人家に近い所では治安上も放置できない状況が起きている。また事業者が土地所有者に借りて作物を植えてはいるが、国の補助金を得るのが目的で適正な管理をしていない農地がある。

 

 

 

(1)一定規模以上の農地を借りて事業者が耕作する場合届が必要だが、市内でそのような事業者がどれぐらいあるか。

 

(2)農政課では、事業者が借りて耕作している農地の管理状況調査を、年に何回やっているか。また過去に不適切だと判断して事業者に指導した例があるか。

 

(3)耕作放棄した農家に対し、雑草の刈り取りや灌木の除去など指導・お願いを実施しているか。また優良事業者や農家を紹介し、土地を貸して耕作してもらえるよう、助言をしているか。

 
 

 

 

 

 

市長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農政課

 

 

上記のとおり通告します。

平成 30 年 6 月 4 日

袋井市議会議長 髙木 清隆 様

« 市政便り6号の原稿 続き | トップページ | 6月議会に合わせて、便りを書く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/66790637

この記事へのトラックバック一覧です: 6月議会一般質問内容:

« 市政便り6号の原稿 続き | トップページ | 6月議会に合わせて、便りを書く »