2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 台風の沖縄へ | トップページ | 辺野古レポート »

2018年7月 5日 (木)

沖縄辺野古現地から その1

 堀川ご夫妻を招いた茶話会や、東海村の元村議・相沢さんを招いての学習講演会の報告もしたいが、今、辺野古に来ているので、現地レポートを始めたい。
 うれしいことが2つ。1つは、2日、台風で沖縄に来れるか心配だったが、無事予定通り到着。
 2つ目は、宿泊している宿「クッション」で、パソコンが使える。ワイファイの機能が宿と僕のパソコンにあり、自分では使い方が分からないが、稲葉さんに使えるよう設定してもらった。
 3日、7時半に、カヌーチームのミーティングに参加。先ず、台風対策で取り外したテントの復旧作業を皆でやった。
 大きなテントなので大変だったが、皆で協力すれば、作業がはかどる。約1時間ぐらいで終了。
 台風の余波で海の状況が悪く、船長判断で船を出さないことに決定。そこで、キャンプシュワーブゲート前での復旧作業を手伝いに行った。
 こちらも作業は大変。現地の皆さんは、台風が来るたびにテントが飛ばされないよう、事前にテントを外し、中のイスや机など備品を別の場所に運び出す作業を強いられる。そして台風が去れば、復旧作業。
 こうした裏方のご苦労が、活動を支えている。
 ゲート前の作業を11時ごろ終え、座り込み。ガードマン・機動隊が配置され、ダンプ・ミキサー車がやってくる。
 いつもの光景だ。座り込み参加者は約30名ぐらい。排除されるが、粘り強く闘うほかない。勝まで負けない。諦めない。これが僕たちの合言葉。
 山城博治さんは、お元気だった。うれしい。彼の姿・言葉で、参加者は勇気付けられる。
 宿に宿泊している東京からの参加者・右田さんのパフォーマンスが、ゲート前で大うけ。彼のことは、次回詳しくレポートしたい。
Img_7742
Img_7747
Img_7750
Img_7744
Img_7751
Img_7745
Img_7748
Img_7749

« 台風の沖縄へ | トップページ | 辺野古レポート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/66902397

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄辺野古現地から その1:

« 台風の沖縄へ | トップページ | 辺野古レポート »