2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« なんとか戻った | トップページ | 辺野古埋め立て承認の撤回が動き出した »

2018年7月14日 (土)

辺野古の海

 7月3日から7日まで、毎日カヌー隊の朝ミーティングに参加した。船長とカヌー隊のメンバーが集まり、船を出すかどうか協議。陸上では大したことが無いように見えても、海は台風の関係で、波が荒かったり、風が強かったり、また3日から6日までは雨が降り、結局カヌーに乗れたのは7日だけであった。
 しかし6日、船だけは出して、海上から護岸工事の状況やフロートの状況を見ようということになり、幸いにも平和丸に乗って辺野古の海に出ることができた。以下その時に撮影した写真。
Img_7769
 台風7号で、被膜ブロックに大きな隙間ができている。
Img_7773
 Img_7774
 上2枚は、辺野古崎の様子。岩場にフロートが打ち上げられている。
Img_7775
Img_7776
 護岸に打ち上げられたフロート。海上保安官が乗ったゴムボートが警戒している。
Img_7772
 ちぎれて沖合に浮かぶフロート。
Img_7782
 キャンプシュワーブの浜。ここは水陸両用車が出るところ。埋め立てられない。
Img_7779
 護岸で囲われた部分が、埋め立てられる。しかしその中に貴重なサンゴもある。ジュゴンの藻場も。いったん埋め立てられると、回復が困難になる。
 僕はマイクで作業員や海保に、『 宝の海を破壊しないで。海を殺さないで。海が泣いています。沖縄が泣いています。あなた方の仕事は誇れる仕事ですか? 今日いい仕事をしたと、家で飲むビールが美味しいですか。家族に自分がやっていることを話せますか?』と語りかけた。
Img_7783
Img_7784

« なんとか戻った | トップページ | 辺野古埋め立て承認の撤回が動き出した »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/66938586

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古の海:

« なんとか戻った | トップページ | 辺野古埋め立て承認の撤回が動き出した »