2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 愚かな事業を阻止するために  袋井駅前市有地活用問題 | トップページ

2018年10月14日 (日)

豊田直巳写真展in袋井の取組

11月から豊田直巳写真展を開催する。下記はそのためのチラシ作成原案。

原発事故後の福島を撮り続けて7年、川根出身写真家・豊田直巳氏の全国巡回写真展「フクシマの7年間~尊厳の記録と記憶」

 

 

 

 

 

 

 

 

開催場所:袋井市役所2階市民ギャラリー

開催期間:111日(木)~10日(土)午後3時まで

入場 無料 

主催:浜岡原発を考える袋井の会


*豊田直巳さんプロフィール


 1956年川根町(現島田市)生まれ。フォトジャーナリスト。イラク、パレスチナ、チェルノブイリ等、戦争と核汚染の被害を取材。原発事故直後飯舘村に入り、以来、被災地の現実、被災者の姿・表情・嘆き・願いに真摯に耳を傾け、世界中の人々に今も終わらない原発震災の実態を伝える活動をしている。


 著書「フクシマ元年」(毎日新聞社)「福島 原発震災のまち」(岩波ブックレット)「福島を生きる人々」(岩波ブックレット)写真絵本「それでも」「ふるさと」(農山漁村文化協会)。


 映画「遺言 原発さえなければ」「奪われた村 避難5年目の飯舘村民」。現在、写真展「フクシマの7年間~尊厳の記録と記憶」全国巡回プロジェクト実施中。

 

*主催者の願い


 浜岡原発事故が起きれば、私たちも福島同様いやそれ以上の大災害・大被害を被ります。我がごととして、一人でも多くの方に写真を見ていただきたいです。

問い合わせ 浜岡原発を考える袋井の会事務局 竹野

« 愚かな事業を阻止するために  袋井駅前市有地活用問題 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/67271893

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田直巳写真展in袋井の取組:

« 愚かな事業を阻止するために  袋井駅前市有地活用問題 | トップページ