2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« パンソリを身近に聞いた | トップページ | 政務活動での研修報告 岐阜県可児高校訪問レポート »

2019年1月24日 (木)

映画「獄友」上映を成功させたい

 冤罪被害者5人の友情を描いた映画「獄友」を2月17日、袋井市で上映する。ちらし、チケットが出来上がり、これから本格的に宣伝・チケット売りの活動を本格化する。
 下記の文章は、昨年11月開放ツアーに」参加された人々に配布したものです。

人権映画「獄友(ごくとも)」上映趣意書


 2019年217日(日)午後2時より、高南コミュニティーセンター1階ホールで、人権映画「獄友」上映会を準備しています。この映画の詳しい内容は別紙ちらしをご覧ください。


 上映会を企画する趣旨は、「人権を侵された被害者の気持ちを深く理解し、人権問題を多くの市民に考えてもらう」ことにあります。この映画に登場する袴田巌さん、石川一雄さん、菅家利和さん、桜井昌司さん、杉山卓男さんの4人は、いずれも無実にもかかわらず不当に逮捕され、長い間獄中生活を強いられ、人権を奪われた冤罪事件の被害者です。


 菅家さん、桜井さん、杉山さんは完全無罪判決を勝ち取り、殺人事件の犯人という汚名を晴らし人権が回復されていますが、袴田さんと石川さんはいまだ無実を晴らすため再審請求中です。やってもいないのに殺人犯人にされ、人生の大半を監獄につながれることは、最大の人権侵犯です。映画はその被害者にスポットを当てています。登場人物たちが集まって話し合う場面は、笑いや冗談にあふれ、被害者の人間性や人生に共感できる映画です。


 人権を侵された被害者の心や感情、さらに生き様など、深く考えさせられる映画を多くの市民に見ていただこうと、部落解放同盟静岡県連会長・小松原正孝と竹野が上映実行委員会を立ち上げ、上映の準備を進めています。


  映画「獄友」上映実行委員会 代表 小松原正孝 電話 23-2473

                事務局 竹野昇  電話 43-3456

                事務局住所 袋井市砂本町2-10

 

              

 

 *ブログを読んでいて下さる方で、静岡県内の方へのお願いです。ご都合がつけば、見に来てください。入場料は500円。
 
 メールなどで情報を拡散してください。

« パンソリを身近に聞いた | トップページ | 政務活動での研修報告 岐阜県可児高校訪問レポート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「獄友」上映を成功させたい:

« パンソリを身近に聞いた | トップページ | 政務活動での研修報告 岐阜県可児高校訪問レポート »